四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 20日

あっつぅ~~~!

暑い!ただただ暑い!
今日も予想は36℃と天気予報が言ってるが
体感はきっともっと暑いと思う。

あっついのは、だめだぁ~。苦手。
まだこちらは梅雨はあけてないのになぁ。

皆さま、水分、塩分摂り過ぎず、適度に補給しながら
無理はなさらず、熱中症にはくれぐれもご用心。
睡眠が一番大事だと思いますが、
こう暑いとなかなか寝付けなく、おのずと睡眠不足気味に
なると思いますが、ひんやり体感シーツとか枕を冷やすとか
いろんな工夫で、睡眠時間をしっかりとりましょう。
なんとか、暑い夏を、楽しく乗り切りましょうね。^^

今日は先週、ちょいとドラマティックな朝焼けが見れましたので
その1枚を。
a0276584_08095463.jpg
そして車の中からの夕陽も
a0276584_08110305.jpg
そして、夏のオレンジ、コオニユリと三国の海
a0276584_08125131.jpg
夏に負けない。ぞ、と。^^/


[PR]

# by JNPMI | 2017-07-20 08:14 | 07四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 07月 13日

初夏の白山別山

8日の土曜、白山三の峰経由で別山へ行ってきました。
とにかく、暑いのが超苦手な私。日中はとても登れません。
行き着くまでにバテバテになってダウンしちゃいそうなので
夜中の涼しい時に登ります。
上小池の駐車場に早く着き過ぎて仮眠したら寝過ごしちゃって
予定の30分遅れで、am2:30スタート。
身体も重く、6本檜に1時間かけて到着。そこから稜線をとぼとぼと一人歩き。
結局、日の出には15分ほど間に合わず、5時の到着。
三の峰の避難小屋の前にある水場の雪渓は、今年は異常に残雪多く@@ビックリ。
やはり雪が多かったことがうかがえる。
そして雪渓の上から、乗鞍、御嶽を望み、清々しい朝を迎えられた。^^
a0276584_19352972.jpg
a0276584_19360048.jpg
a0276584_19362885.jpg
それから別山に向かいますが、別山平のニッコウキスゲを期待するが
残念ながら2本ほどしか咲いてなくて残念。
a0276584_19402127.jpg
御手洗池越しの乗鞍、御嶽も楽しみの一つ。
a0276584_19413764.jpg
そこからちょいと登れば別山山頂。
a0276584_19430495.jpg
白山室堂や御前峰、大汝峰、七倉山も目の前。
a0276584_19440556.jpg
平瀬道方面を見れば、白水湖と遠くに剱岳から立山連峰、そして槍、穂高、乗鞍、御嶽と続く
北アルプスの峰々が浮かびます。
a0276584_19490706.jpg
a0276584_19493412.jpg
a0276584_19494666.jpg
a0276584_19500869.jpg
a0276584_19563515.jpg
a0276584_19504685.jpg
と、山の景色を堪能しながら、ゆっくり朝食をとっていると、次から次と
トレランの方が、やって来る。
まぁなんと山を走る方が増えた事。
信じられない時間で登って来ます。
別山まで4時間近くかけて登って来た私。しかし、トレランの方は2時間半で来たそうです。@@

さぁ暑くなる前に下山です。

三の峰手前から今までいた別山を振り返る。
a0276584_20024875.jpg
三の峰から避難小屋を見る景色は大好きな景色。
a0276584_20042423.jpg
陽が高くなりどんどん暑くなってきます。
私が下りる頃、沢山の方が登って来ました。
この日は30℃オーバーの暑い日でしたので、私にはこの時間帯に登るのは
とても無理です。^^
急いで下ります。
a0276584_20254983.jpg
下山はニッコウキスゲと赤とんぼに見送られて
a0276584_20281933.jpg
a0276584_20302844.jpg
暑い暑い下界へ戻って行きます。
ずっと山に居たい。
いつも下山時に思いますが、あまりの暑さに、やっぱ登り返して戻ろかと
思ったくらい、暑かった。^^

忙しくしておりまして、ちょいとアップが滞っております。
現像の時間が無くて、なかなかアップ出来ないでいました。
紫陽花やら夕景、朝景も撮ってはいるのですが、なかなか時間が取れません。
ボチボチのアップとなりますが、ご勘弁願います。




[PR]

# by JNPMI | 2017-07-13 20:37 | 07四季燦燦 | Trackback | Comments(3)
2017年 06月 24日

白山開山1300年の初夏

6月、2回目の白山へ行ってきました。
前回はあまりにも雲だらけだったので、晴れの予報にリベンジで
行ってきました。
暑いのはとても苦手な私、夜中に登って日の出を目指しましたが
道中、ちょいと雪渓の沢を1本間違えて登り、上まで行って道がない事に気づき
慌てて、と、言ってもガリガリ凍っているので、気を付けながら戻るロスがあって
残念ながら、日の出には10分遅れとなってしまった。
しかも、天気予報とは裏腹で、雲の多い日の出だった。
白山山頂、御前峰から雲間からの朝陽。
a0276584_13455044.jpg
山頂御前峰にある白山奥宮と白山の影
a0276584_13585496.jpg
朝日を浴びて赤く染まる岩稜帯と奥に大汝峰
a0276584_13583983.jpg
そこからお池巡りへとちょいと山頂から下って
紺屋ヶ池の上あたりから御前峰と御宝庫を望む
a0276584_13592847.jpg
今年は積雪が多かったのでしょう、池が皆、雪でつながってます。
この時期にして、残雪多し。
中でも油ヶ池が唯一雪解けが進んでいる感じ
a0276584_14213296.jpg
翠が池もまだ多くの雪に覆われています
 
a0276584_14120909.jpg
油が池と血の池もつながった状態です。
a0276584_14000594.jpg
そして大汝峰へ向かいます。
陽が上がって来ると、バリバリ凍っていた雪渓も雪が腐って来て
歩くのは疲れます。^^
a0276584_14004372.jpg
大汝峰から七倉山、四塚山方面を望む。
a0276584_14010869.jpg
残雪の谷も絶景です。^^
a0276584_14014312.jpg
大汝峰から剣ヶ峰と御前峰を望む。
a0276584_14020375.jpg
剣ヶ峰の奥に薄っすらと御嶽山を見ながら大汝峰を下りる。
a0276584_14315603.jpg
千蛇ヶ池のクレパスと奥に大汝峰
a0276584_14332484.jpg
それにしてもこんな千蛇ヶ池は、あまり見た事ない。
a0276584_14352021.jpg
お池巡りを終えて、ショートカットコースから別山を背に室堂を。
a0276584_14404893.jpg
室堂ビジターセンターの雪はかなり雪解けが進みました。(5日の白山と比較して見て下さいな)

a0276584_15070520.jpg

そのまま弥陀ヶ原に下りて、振り返ると、気持ち良い空と白山山頂が。
a0276584_14422898.jpg
この日は里は32℃オーバーのめっちゃ暑い日。
下山途中から、暑さが増してきて、やっぱ戻ろかなと、何度思った事か。^^
ま、そんな20日の白山山行でした。
今年は白山開山1300年です。7月もきっとまた登るでしょう。^^
今回のdataは甚之助小屋からのデータとなってます。
a0276584_14480519.jpg
a0276584_14482638.jpg
a0276584_14484372.jpg
a0276584_14490022.jpg




[PR]

# by JNPMI | 2017-06-24 14:46 | 06四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 16日

初夏の彩り

今年は梅雨は何処に行っちゃったのか分かりませんが、
季節は確実に進んでいます。
この前、ニッコウキスゲを見に白峰に行ってきました。
白山連峰は、雲が横たわって、残雪の白山連峰をバックに初夏の黄色を
狙うつもりでしたが、ちょいと残念でした。
でも、初夏の彩りをちょっとだけ楽しめました。^^
a0276584_21161865.jpg
a0276584_21164480.jpg
a0276584_21170993.jpg

この黄色は、季節感を感じられますね。^^




[PR]

# by JNPMI | 2017-06-16 21:19 | 06四季燦燦 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 14日

三国夕景 6月前半 sanpo

今日は6月前半の三国夕景を。
6月にしてはけっこう海は荒れていた東尋坊夕景。
a0276584_09015865.jpg
a0276584_09023419.jpg
雲に邪魔された福良浜夕景
a0276584_09040810.jpg
そして、昨日の波食棚夕景
a0276584_09050507.jpg
a0276584_09053017.jpg
余韻の夕、漁火も出てきました。
a0276584_09065402.jpg
以上、6月の前半の越前三国夕景でした。
この夕景に癒されて、明日も頑張れます。^^


[PR]

# by JNPMI | 2017-06-14 09:08 | 06四季燦燦 | Trackback | Comments(6)