四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 28日

富士写ヶ岳と大嵐山

25日の月曜に、富士写ヶ岳の石楠花と大嵐山の水芭蕉を梯子してきました。
今回は、連れて行って欲しいという写友1名と出かけてきました。

富士写ヶ岳の石楠花は、一昨年が当たり年だったので、
山の花は3年周期という事を考えると、花見頃は来年かと思われます。
咲き具合は一昨年を10とすると、昨年は1、今年は4か5といった感じです。
登山道脇の石楠花は、ちょうどいまが見頃といった感じでそれなりに楽しめましたよ。
a0276584_1916268.jpg

a0276584_19165241.jpg

a0276584_19171964.jpg


フナ林に進むと、イワウチワが出迎えてくれます。
a0276584_19192951.jpg


今年はなんでも早く、タムシバも終わりかけ。
ただ、同時期になんでも咲いてるのも、おかしな感じでしたが。
そして、残雪もすっかりなくなってました。
山頂では、黄砂の影響か、すべてがぼんやりで、白山もかすかにしか
見えませんでしたが、平日の月曜にも関わらず、大勢の登山客が次から次と
やって来ました。ほとんど定年を過ぎた方ばかりでしたが。^^

山を下りて、この分だと大嵐山の水芭蕉も見頃ではと、加賀山中から駆け足で
白峰に向かいました。
案の定、大嵐山の水芭蕉も一部お化けでしたが、見頃を迎えていました。
いつもなら、4月に雪解けで半分、5月の連休頃に残りの残雪が解けて
2度楽しめるのですが、今年は、道中も含めて、残雪などどこにもなく
全体が水芭蕉の景色を楽しめました。
a0276584_19313369.jpg

a0276584_1932957.jpg

a0276584_1933323.jpg

a0276584_19335378.jpg


と、まぁこんな感じで残雪がさっぱりありませんでした。
なんとも変な感じ。

そして、ブナもいよいよ若葉が出始め、新緑に向かっていました。
a0276584_19411689.jpg


また、新緑のブナ林を楽しめる季節になります。
若草色のホントの新緑の時期も1週間ほどしか無いので、
これも、タイミングが合えばいいのだけれど。
ただ、ブナ林の場合は、雨の方が私的には好きなので、お天気は
雨がいいかな^^。曇りだけは避けたいが、黄砂が心配です。



熊本地震から2週間経ちますが、今日も震度4の余震があり、
いつまでも大きな余震が続きます。
大変だと思います。ストレスも相当きていると思います。
くれぐれも体調を崩さない様、精神的にも負けない様
こころから1日も早く普段の生活に戻れるよう祈ります。
東北の方々も、いまだ復興途中ですが、頑張っております。
がんばれ、くまモン。頑張れ熊本、がんばれ日本です。
何も出来ませんが、明日は我が身として、応援しております。
[PR]

by JNPMI | 2016-04-28 19:52 | 四季燦燦04 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://jnpmi.exblog.jp/tb/22759038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Baちゃん at 2016-04-29 08:45 x
おはようございます。朝からすがすがしい写真を見せていただき気持ちがいいです。
石楠花、きれいなピンクですてきですね。 ほんと、つつじもことしは一週間ほど早いです。
力強いブナの木も、熊本に力を与えますよ・・・
Commented by Densuke at 2016-04-29 11:20 x
Baちゃんさん。おはようございます。^^
この富士写ヶ岳は、石楠花で有名なんです。
日本百名山の深田久弥が山に興味を持ち始めた原点の山でもあります。
来年はきっと当たり年になると思われます。^^

花はホント、なんでも早くて、訳わかんない。
油断してると、きっと新緑も気がつけば深緑に変わってるかも~^^;
どうもありがと~う^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 里山も春の彩り      季節は巡る >>