2017年 03月 29日

今日は晴れ。でも、気分は雨。

これからの明日を担う8人もの若者の尊い命が、
残念ながら、雪崩によって失われてしまいました。
心よりお悔やみ申し上げます。

この時期に季節外れの大雪。
マスコミは誰かに責任をかっつけようと、
後からいろいろ言っております。
が、
季節外れの想像以上の積雪。
誰か悪者を作ろうと後付けで、登山届がないか、ビーコンがないとか
いろいろ言ってますが、仮に引率の方が別の方でも、
結果は違っていなかったと思われます。
山にも行ったことない人が、変な正義感ぶってTVニュースで
いろいろ言ってますが、あとから言うのはなんでも言えます。
そしてTVニュースはいつも言いっ放し。無責任極まりない。
本来雪崩を想定していない場所でも、想定を超えた条件が揃えば
まさかの大惨事となりえます。
津波も、地震も、御嶽の噴火もまさかこんな事に。と、
はるかに想定を超えてしまった訳で
自然とは、いかに恐ろしいものか。
私的には、
一歩、山に足を踏み入れた段階で、
どんなに低山であっても、非日常的な世界。
命に係わるリスクが、必ずあると認識しなければならない。
と、そう私は思います。
ラッセルは新雪だったから、いい経験になると判断したと考えられます。
だた、何度も言うようですが、
山に一歩足を踏み入れたら、必ず命にかかるリスクを負う事を
理解する必要があります。
山とは、そういう所です。
言えることは、悪天候で山に行く事は、更にリスクが高くなる事を
皆が理解する事が必要です。
自然が支配する力の中では、人は無力です。
それを、まず謙虚に受け止める必要があると。私は思います。

ちなみに、表層雪崩は本当に危険です。
下の写真の中央部と上部ちょい右寄りの部分を見ると、
まるでナイフで切り落としたような断面。これが表層雪崩の落ちたあと。
a0276584_12175824.jpg
もうちょい寄ってみると
a0276584_12182421.jpg
ま、こんな状態で、雪が落ちた場合、高速で落ちてきます。
来たと思ったら、もうOUTです。

とにかく、何度も言うようですが、
山に一歩足を踏み入れたら、必ず命にかかるリスクを負う事を自覚して
自然を尊び、けっしておごらず、山に登れた事、無事、下山して家に戻れた事を
感謝しながら、山行を楽しむ必要があります。
私は、そう思います。


[PR]

by JNPMI | 2017-03-29 12:29 | 03四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jnpmi.exblog.jp/tb/23754538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Baちゃん at 2017-03-29 18:23 x
こんばんは・・・大変、残念な事故でした。起こってみて初めて知る雪山、自然界の怖さですね。

きれいな雪山も、左側、すごいですね。びっくりです。
Commented by densuke at 2017-03-30 19:44 x
これだけの悲しい惨事ですので、誰かに責任をもって行きたいのは
理解できますが、しかしながら、山とはそういう所であって、
一歩踏み入れた段階で、皆、自己責任。覚悟を持って入山する必要があると
私自身は、そう思っています。
ラッセル訓練にはもってこいの新雪だったのでしょう。
登山を断念したのも正解。
雪崩の危険の可能性が高い場所は避けてのラッセル訓練。
無くなった子の親御さんに至っては、いかなる理由も納得いかないないでしょう。
それも分かります。
ただ、山とは、自然とは日常では考えられない世界でもあります。
それを理解する必要があります。
山に一歩踏み入る事は、命にかかるリスクを負うという事を、理解しないといけません。

表層雪崩は恐いですね。雪庇も同じような事で、踏み抜いたらOUTです。

どうもありがとう。
Commented by fameri at 2017-04-01 11:44
おはようございます。
若い命が亡くなるのは痛ましいですね・・・
densukeさんの↑を読んでなるほどと思いました。
自然の怖さは思いがけず起こるものなんですね。
Commented by densuke at 2017-04-02 12:30 x
はちきんさん、こんにちは~^^
ご無沙汰しております。^^;

ホントに残念ですね。
山とは自然そのものですから、ちょっとでも舐めたら
そのしっぺ返しは、恐ろしい事になります。
今回は、8人も大事な命が、失われてしまったのだから
誰かに責任をもっていかないと収まりつかないのかも知れませんが
冬山に入った段階で、かなりリスクは高くなる上に、季節外れの大雪。
今だから中止すべきだったと言えますが、その時点では、
何人もの経験を積んだ引率者が、誰も中止を言わなかったのなら
きっと、別の方が引率していても同じ結果だったかも知れません。
とにかく、8名の若者のご冥福を心から祈ります。
とにかくね、山は、絶対に舐めちゃいけないし油断禁物です。
どんな低山でも、リスクは必ずありますから。

コメントどうもありがと~う^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 春Colorを求めて      そろそろ春めいて >>