カテゴリ:四季の風景 6月( 21 )


2012年 07月 01日

晴れのち雨

昨日6月の最終日、朝は晴れ。
前日に引き続き、
暑い。
花菖蒲もそろそろ終わりかと、丸岡竹田へ向かう。
しっかしこの時期にしてこの暑さ
今年の夏はどうなっちゃうのだろうか。
坪川家にて菖蒲園を見ていると、雲が出てきた。
a0276584_384354.jpg

花菖蒲は連日の暑さのせいか時期的なのか、花の勢いは
かなり弱ってきているのでアップには厳しいので寄れません。
広角で湧き上がるように広がる雲を大きく入れて
入母屋作りの茅葺屋根の坪川家から花菖蒲を広がる様にして
縦位置にて放射線構図で奥行き感を表現。
山間の古民家の初夏を感じていただけたらという狙いです。


次に、雲が気になって海に向いました。
タイミング的にもそろそろコオニユリの先発隊が咲き出す頃と。^^
どうも私は、湧き上がる様な躍動感のある雲を見ると
それを活かす被写体を求めて突っ走る傾向があります。(笑)

海に向う道中、ラジオから流れる情報にびっくりです。
なんでも、富良野で32度を超えたらしい。
北海道でこの時期32℃オーバーとは@@!
あちらじゃクーラーなんてないだろうから大変かも。
こちらでいえば40℃オーバーみたいな感じでしょうか。
高温注意報が出たらしい。
どうなっちゃったんだろう。今年の夏が心配。

さて、海に着いて岩礁をよじ登りいつものスポットへ。
案の定、夏を告げる先発隊が5本ほど咲いてました。つぼみも沢山あり
これから7月になるとどんどん咲き出しますので楽しみがまた増えました。^^
a0276584_34943.jpg

柱状節理の断崖に咲くコオニユリを雲と水平線を入れながら
夏の到来を感じる風景として見たまんま自然の力、美しさを表現しました。^^

暑い1日はその後、雲が広がり夕刻から雨に変わりました。
[PR]

by JNPMI | 2012-07-01 07:30 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(4)
2012年 06月 30日

天気は良かったが夕陽は残念。

昨日も暑かった。
めっちゃ暑かった。夏かぁ~。梅雨明けかぁ~って
思うくらい暑かった。
で、夕刻、上空に雲はなくドラマティックな夕景は
とても期待できそうに無いので、ノハナショウブはもう
終ったかの確認も含め、海へ向う。
やはり、ノハナショウブは終りかけの散り際のしおれた状態。
沈む夕陽と重ね合わせようと思ったが、
なんだよ水平線上の雲に早々と消えて行くではないか。
慌ててカメラをセッティング。(汗;
a0276584_7423784.jpg

予想外に早く沈んじゃったのでフレーミングも何も^^;
とりあえず沈んでゆく夕陽と共に盛期を過ぎ萎れたノハナショウブの
終りかけの淋しさを表現しようと、思ってたがしきれず焦っての一枚。


その後、帰り道、快晴の月夜で蛍でも居ないかと橋の上に寄り道。
20時過ぎ。真っ暗な中、じっと目を凝らすと光ってる光ってる。^^
a0276584_751107.jpg

暗くなってこの場に行ったので、ピン合わせはマニュアルで無限大にセット。
ISO感度は1200まで上げて開放でBulb撮影です。あとは放っておくだけ。
そういった意味では、フィルムと違って、最近の蛍の写真は、ちっとも値打ちが
ありませんね。誰でも簡単に撮れてしまいますから、面白みがありません。

a0276584_7514942.jpg

橋の上で、今度は反対側に向いて、これもピント合わせは無限大のまま。
bulbで放っておけば勝手に写ってます。^^
デジタルの場合、ISO感度を自由にその都度調整出来るのでこういった
暗い場所での撮影には強みですね。あとは、色温度を下げてやればいいです。
後は、その場の背景なりシュチエーションが大事ですね。
この場合、2枚とも橋の上から川面を入れながらフレーミング。
♪こっちの水は甘いぞ~♪を意識しながらの表現です。^^
ISO感度1200まで上げたので、なんだか夜の写真とは思えないくらい。
昨日は月齢が9.5(満月が15です)だったので、上弦(7.5)よりすこし
膨らんだ月なので、月明かりがかなり明るく、2枚目の蛍の写真の奥の方は
まともに月明かりで日中みたいになっちゃった。(笑)
もう少し暗い方が蛍の写真らしくて良かったかもね。
ま、いずれにしても蛍の写真は、デジタルになって大きく値打ちが下がりました。^^
そして面白みも薄くなりました。(私的な思いです)
[PR]

by JNPMI | 2012-06-30 08:07 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 29日

毎日夕陽が見れます。^^

昨日は暑かったぁ~。
やっぱり予報とは裏腹に終日晴れでした。
夕刻は上空に雲ひとつ無い空。
こんな日は砂浜でのんびりとゆ~っくり沈む夕陽を見ながら
贅沢な時の流れに浸ろうか。
しかし、海に行くと、気持ちとは裏腹に身体が勝手に動き出す。^^
こんなピーカンの時は波打際を楽しみましょう。
a0276584_8112159.jpg

波を少し入れて引き際の砂浜の一部を抽出。
夕陽を受けて黄金の絹を織る砂浜を輝く夕景として表現した。


a0276584_8172898.jpg

夕陽が眩しすぎるので、NDハーフで減光して
見た目よりアンダーでスローで引く波の軌跡と
砂浜に映る夕陽の輝きを重ねて縦位置にて夕陽も入れてフレーミング。
もう少しプラス補正した方が良かったかもしれない。

遊んでいてもたもたしているうちに夕陽は水平線に沈んちゃった。
慌てて寄ったがちと遅かった。
a0276584_8243419.jpg

何の芸もなくタイミング遅れで見たまんま。(汗;
[PR]

by JNPMI | 2012-06-29 08:30 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 28日

梅雨時だけど毎日夕景^^

梅雨真っ最中なんだけど、今週は毎日夕景が
楽しめてます。^^

6月25日は夕陽は水平線上の雲のアルプスに消えましたが
その後、素敵なドラマが始まりました。

a0276584_616787.jpg

夕陽が雲に落ちた後、今日もダメだったかぁと
空を仰いだとたん、目にしたものはこれから始まる
ドラマの予告。薄く焼け始めた雲が一瞬にして希望に変わる。
3分割構図で放射状に広がる染まり始めた雲を主張して
画面を木々のシルエットで締めた。


そしてこの後、ドラマティックな夕景を楽しませてくれました。

a0276584_6232078.jpg

焼けた空を映し赤く染まる海を点在する岩のシルエットでアクセントを付け
神の島、雄島の上から広がるドラマティックな小焼けの空を
雲の流れに沿ってフレーミングして動感を出し臨場感のある表現とした。


翌26日は、夕陽は水平線上に落ちたが上空に分厚い雲があった
おかげで、あまり美しくない面白みの無い日没だった。
それでもしばらく粘って多少焼けた雲を待つ。
a0276584_6361035.jpg

意外と焼けが少なかったので、波が押し寄せるまでシャッタータイミングを
待って臨場感をだした。この日はなかなか波が来なくて参りました。^^

そして昨日27日は綺麗な夕日でした。
a0276584_64029100.jpg

全体的に空はそれほど赤みが多くなかったので
岩礁のシルエットを多めに取り入れトンネル効果というか覗き構図で
フレーミング。水平線に沈むと同時にシャッターを切る。

とまぁ、今週は、夕刻は楽しませて貰ってます。^^
[PR]

by JNPMI | 2012-06-28 06:44 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 25日

ニッコウキスゲを見に

昨日は、そろそろニッコウキスゲが見頃かなと
白峰に向いました。
西山のオープンガーデン。
ここは白山の高山植物を標高の低い所で育てる
試験地となっていて、この時期、期間期日限定で
オープンされます。
ニッコウキスゲはちょうど見頃で、その他ハクサンフウロ等の
高山植物も咲いていました。
着いた時には白山も見えてましたが、午後になると
雲に隠れてしまいました。
a0276584_7391830.jpg

パース構図的に近景のニッコウキスゲの群生から遠景の
白山を配置する事で、その場で見た風景を奥行き感を出して表現した。
[PR]

by JNPMI | 2012-06-25 07:36 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 24日

またしても油断してました。夕焼け空だぁ。

昨日もまたしても油断してました。
夕刻、雲って来たので今日の夕陽は無いな。って
諦めていましたが、どうも窓の外が赤みをおびてる気がして
外に出てみたら、西の空が燃えているでは無いか。
慌てて車に飛び乗ると、夕陽は沈みかけ。
やっちまったぁ~。やっぱり梅雨時は7時には海に居なきゃ
ダメだな。
急いでヨットハーバーへ向う。
a0276584_7474283.jpg

対岸のエッセル提、そして水平線を入れて海の夕景を見せて
大きく帯状に焼けた雲の夕空を取り入れドラマティックな夕景に
感動しながらシャッターを切る。
昨日は日没後30分以上夕刻のドラマは続きました。
[PR]

by JNPMI | 2012-06-24 08:01 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 23日

焼けた夕空

21日夏至の夕刻、空が燃えました。
夕陽には間に合わなかったが、沈んだ後、
ドラマティックな夕景を楽しめました。
a0276584_895098.jpg

夕陽が沈む直前、間に合わないので路肩に車を止め
塀越しに夕焼け空をメインに大慌てで手持ち撮影。
もう10分早く来れると余裕もあったのだが、残念。

この日、暗くなるまで、空は刻々と変化しました。
a0276584_8173961.jpg

暗くなる前の19:30頃、赤みが残る水平線近くの空、画面を引き締めるため
海岸の松のシルエットを多めにフレーミングして余韻の夕景を表現。

1年で一番日の長い夏至の日、日の出4:39 日没19:16。
ただ、1日中曇り空だったので、日の長さは感じられず。
そんな夏至の日でしたが、夕刻は思いもよらぬ夕陽が雲間から登場。
そこから夕刻のドラマティックな空が広がりました。
まさかの夕陽に向うのも遅れてしまいましたが、向う道中や沈んだ後の夕空は
梅雨時の大化けの夕景を、久しぶりに楽しめました。
[PR]

by JNPMI | 2012-06-23 08:33 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 19日

大荒れになる前に

なんだか台風がやって来るようです。
梅雨時の台風って、あんまり聞いた事無いような。

備えは油断無く。

大荒れになって、吹き飛ばされて無くならないうちに
なんとしても行かなきゃなんない所があります。
この時期にしか見れない絶景。
仕事帰りに、海へ直行です。

日本海の断崖に咲くノハナショウブ。
菖蒲園などに咲く花菖蒲の原種だそうで、まさかの
海際に群生する景色は、今しか見れません。
先週、ちらっと見てきましたが、まだちょっと早い様で
ちらほら咲きでした。
でも、台風が接近するらしいので、曇りだが今のうち撮って
おかなきゃぁって、日没間近に出かけましたが、だぁれもいません。
晴れた朝か、夕陽とコラボしたいところですがね。残念。

a0276584_6412770.jpg

加佐の岬の小島を背景に加賀海岸の断崖に咲くノハナショウブを
雲天で日没間近の時間帯で暗く風もあるので出来るだけ花を止めようと
ISO感度は800で撮影。


しっかし不思議な光景です。
何故、こんな海際に咲くのか。
a0276584_6484037.jpg

ノハナショウブの群生を画面の半分以上取り入れ、背景に海岸線と海を
入れてフレーミングするも、なんせ日没間近の曇り空。海も色が出なく
中途半端な雰囲気となってしまった。
やはり、海の色は青空が反映した色で背景としたいですね。残念。

このノハナショウブが終ると、次は、三国の断崖のコオニユリ。そしてここは
オニユリが咲き出します。
[PR]

by JNPMI | 2012-06-19 07:00 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(4)
2012年 06月 17日

水辺の風景

雨がしとしと降って、なんとなく梅雨って感じです。
でも、ところによっては、ゲリラ豪雨となってるようで
最近は、ちょっと雨が降っても、いつ豹変するか分らないから
困ったものですね。怖い怖い。

さて、水絡みで、本日は水辺の風景、新緑の滝を一枚。
ネタが無いから在庫から(汗;
a0276584_6162023.jpg

高さの無い滝を背景の木々と滝口へのV字斜面そして
壁面の苔むす色とのコントラストで荘巌さを出したつもり。^^
[PR]

by JNPMI | 2012-06-17 06:26 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 16日

田園の風景

近くの田圃
a0276584_744551.jpg

a0276584_7443688.jpg


6/11 同じ日の朝の田園風景。
直播(上)と苗植え(下)の田圃の違い。
一目瞭然。さて、今年の収獲はどうなるでしょうか。^^;
[PR]

by JNPMI | 2012-06-16 07:48 | 四季の風景 6月 | Trackback | Comments(4)