四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 29日

山も暑かったぁ^^

山に行けば、暑さをしのげると思ったら大間違い。
山も暑かったぁ~!
今日は、朝から晴天予報だったが、イマイチもやぁ~っとした朝。
荒島岳に登ってこようと、土日の仕事の時から思ってたので
ちょいと遅い出発となったが、出かけてきました。
しっかし、暑かった。
それに、もやぁ~っ霞んだ空は、白山も薄っすらとしか見えず。残念。
まぁ、森の中、森林浴は楽しめたし、山歩きも楽しめたので、ヨシとしましょ。^^

勝原スキー場跡から登りますが、登山口までが、けっこうキツイ。
登山口からは、樹林帯をシャクナゲ平までひたすら登りますが、
道中のブナが、疲れを癒してくれます。^^
a0276584_22072812.jpg
登山路は、木の根の階段。
a0276584_22085984.jpg
しばらく進むと、トトロの木なる樹が現われる。
a0276584_22100028.jpg
木の根の階段は続く^^
a0276584_22113083.jpg
a0276584_22120086.jpg
その後、ホントの階段が続きます。
a0276584_22123215.jpg
ひたすら登りです。
a0276584_22132004.jpg
そして、中間地点のしゃくなげ平に到着です。
a0276584_22172896.jpg
ここから一旦、コルへ下って、尾根沿いをまたひたすら登ります。
道中、振り返ると、大野盆地の麦田が、パッチワークみたいで綺麗でした。^^
a0276584_22204507.jpg
そして、冬はシュカブラの壁になる斜面を登り
a0276584_22233397.jpg
最後の登りを過ぎれば山頂です。
a0276584_22245091.jpg
今回は2時間17分の登りのタイムでした。^^
a0276584_22254346.jpg
a0276584_22261022.jpg
山頂は沢山の人だったので、そこから幻の大樽コースの方まで尾根沿いをちょいとだけ進んで、
風の涼しい場所で食事タイムとしようと思ってザックを下ろそうとしたら、
なんと蛇を踏んづけちゃった。
こっちは飛び上がって驚いたが、蛇も驚いた。慌てて笹薮の斜面に逃げて行きました。
a0276584_22304477.jpg
ちょうど上の写真の真ん中の登山道を登り切った当たりでした。
気分悪いので、荒島岳山頂に戻ってコーヒー飲んで、カップラーメン食べようと思ったら
箸忘れた。そんなにお腹もすいてないので、バナナとシュークリームとアミノバイタルゼリーを
食べて、下山です。
今回も下りは特急です。^^
道中のブナ林は森林浴を楽しみましたよ。^^
a0276584_22412310.jpg
下りは1時間28分でした。^^それにしても暑かった。
a0276584_22414904.jpg
今回のDATAも添付。
a0276584_22425538.jpg
a0276584_22434027.jpg
a0276584_22440973.jpg
さ、また明日も仕事、頑張ろ!






[PR]

by JNPMI | 2017-05-29 22:45 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 28日

雨の日には森へ

26日、せっかくの休みだが、雨予報。
でも、この時期、ちょいと嬉しい。
雨の日には森へ行こう。
新緑からすでに深緑へと進んでいるが、それでも
雨霧に包まれたブナの森は、なんともフォトジェニックでした。^^
平日だし、雨降りだし、だぁれも居ないブナの森で
ミストシャワーと森の香りに包まれて、マイナスイオンをたぁっぷり浴びて
いやぁ~良かったよかったぁ。
やっぱり、この時期、雨の日には森が一番。^^

a0276584_20453919.jpg
a0276584_20501345.jpg
a0276584_20505183.jpg

久々の雨の森を楽しみました。^^



[PR]

by JNPMI | 2017-05-28 20:53 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 24日

鳴谷山で石楠花と大杉と白山を

今週の月曜は、白峰の鳴谷山に登って来ました。^^
今年はここもやはり、石楠花の当たり年で、楽しめました。^^
白山は、富士写ヶ岳で見た時とは、驚くほど雪が解けていました。
この山も、写真撮りながら山頂で、白山を見ながら飯食ってコーヒー飲んで
30分の休憩後、下りてきましたが、経ヶ岳同様、
山頂は私一人だけで、だぁれもいなく、独り占めで楽しめました。^^
帰りには、登りで追い抜いた何組かのパーティや後から登てきた方々に
合いましたけどね。
今回も往復4時間の山歩きを楽しめました。
a0276584_11400291.jpg
a0276584_11411172.jpg
a0276584_11412753.jpg
a0276584_11415285.jpg
登山口からしばらく歩いて、鎧壁が近づくと、石楠花が登山道脇を彩ります。
a0276584_11481463.jpg
鎧壁を過ぎると、登山道の斜面に水芭蕉やリュウキンカが綺麗でした。
a0276584_11494249.jpg
百合谷林道を過ぎると巨大な杉が迎えてくれます。
a0276584_11505459.jpg
a0276584_11550916.jpg
なんともご利益がありそうな、こりゃぁパワースポットだな。
経ヶ岳のアダムとイブの木より、ある意味凄いぞ。^^
a0276584_12042850.jpg
そんな巨大な杉達を過ぎると、高度が上がり雪渓歩きとなります。(道迷い注意です)
a0276584_12075369.jpg
更に高度を上げて行くと、おおっと、白山が目に飛び込んで来ます。^^
a0276584_12090494.jpg
そして山頂です。
a0276584_12095885.jpg
白山は、けっこう雪解けが進みました。
a0276584_12110865.jpg
山頂独り占めで、白山を見ながら食事してゆっくりコーヒー飲んでから帰りました。^^
今回は、快晴で、暑くなる前に下りてこれたので良かったです。^^
以上、鳴谷山山行でした。^^



[PR]

by JNPMI | 2017-05-24 12:14 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 23日

春山。経ヶ岳へ

先週、新緑を楽しみに、経ヶ岳へ登って来ました。
私的には、福井の山で一番いい山だと思ってます。
経ヶ岳を背景に釈迦岳から中岳に向かう熊笹の道が綺麗な景色や
経ヶ岳の溶岩壁のカールのブナ林が、何ともいい感じなのです。
アップダウンの登山路も楽しい山歩きで、ホントいい山です。
山頂からは白山連峰を一望しながら、昼飯食って、気分も最高です。^^
撮影しながら山頂食事休憩込みで、往復4時間の経ヶ岳山歩きでした。^^
a0276584_06334023.jpg
a0276584_06341213.jpg
a0276584_06343205.jpg
a0276584_06345174.jpg
さすがに平日なので、誰もいない山頂で、一人雪渓の上で気分爽快な昼飯でした。
登りはガスと競争でした。
下からガスが上がって来るので、負けまいとせっせと登り、ガスに巻かれることは
ありませんでしたが、私が下りる頃には、雲がずっと居座ったままとなりました。^^

まず、ちょいと歩くと、アダムとイブの木が迎えてくれます。
a0276584_06395675.jpg
そして溶岩の印象的な岩を巻きながら登る。
a0276584_06424062.jpg
杓子岳を過ぎると、経ヶ岳を背景に中岳への熊笹の道。

a0276584_06453690.jpg
a0276584_06443287.jpg
中岳を過ぎると一旦下って、経ヶ岳への最後の登りとなります。
a0276584_06514341.jpg
a0276584_06532978.jpg
最後の登りで振り返ると、登って来た中岳もガスに包まれる。
a0276584_06552678.jpg
a0276584_06555384.jpg
そして、山頂。カタクリが咲いてました。
a0276584_06571952.jpg
白山は頭は雲の中ですが、雪渓の上で景色を見ながら昼食。最高でした。^^
a0276584_06593282.jpg
a0276584_06594984.jpg
a0276584_07001765.jpg
帰りは、いっきに下りてきました。
a0276584_07020160.jpg
a0276584_07022684.jpg
降りて来て駐車場から振り返ると、雲に覆われていました。
晴れてるうちに登れて、良かったぁ^^
a0276584_07032695.jpg
以上、春山、経ヶ岳でした。^^

山を下りてから、六呂師高原妻平湿原のミツガシワも見てきました。
氷河時代の生き残りらしい。^^
a0276584_11263270.jpg
牧場の牛達もついでに^^
a0276584_11281134.jpg




[PR]

by JNPMI | 2017-05-23 07:05 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 17日

困ったニャ王

暖かくなってきました。
こうなると、我が家のニャ王に悩まされる季節となります。
ネズミにはめっぽう弱い我が家のニャ王だが
鳥類や爬虫類、両生類にはめっぽう強くなります。
で、その結果、困った事になります。
しっぽの無いトカゲや蛇、飛べなくなったスズメ等、
家の中に自慢げに持ち帰って来るのです。
家の中はもうパニック状態。
ほんと、参ってしまいます。こまった奴です。
a0276584_22355568.jpg


[PR]

by JNPMI | 2017-05-17 22:37 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 08日

GW 山はお祭り状態。

ゴールデンウィークは、繁忙期なので、更新も出来ず、このブログも
放置状態でしたが、忙しい中でも、山歩きはフル勤務明けで富士写ヶ岳に
石楠花を楽しみに行ってきました。
24時間勤務の明けでそのまま山に行くのは、きついのでは?と言われますが
私的には、山に居る方が、気持ちも身体も調子がいい。^^
それに今年のGWは、富士写ヶ岳、火燈山、小倉谷山とも石楠花とイワウチワのお祭り状態。
2014年が当たり年だったので、2017年の今年はきっとまた当たり年と予想してましたが
案の定、今年は石楠花の当たり年で、登山道は花の回廊でした。
富士写ヶ岳には、我谷コースと大内コースと火燈古道から火燈山、小倉谷山経由での富士写ヶ岳の
と、九谷ダム側からのコースがありますが、我谷、大内、火燈のコースを勤務明けのタイミングで
それぞれ楽しんで来ました。
火燈古道から火燈山、そして小倉谷山経由で富士写ヶ岳。そこから大内峠に下山。
このコースは14.5キロほどの行程で18000歩ほど歩いてきました。
私の足で、山頂食事休憩入れて、撮影しながら約4時間の山歩きです。^^下りは特急です。
あくまでも私の場合なので、時間は参考にならないとは思いますが。
ここは富士写ヶ岳と小倉谷山のアップダウンが、標高差200mくらいあるので
けっこう楽しい山歩きです。^^下ったら登り返す。これが当たり前だと思ってる方はです。^^
a0276584_20133012.jpg
a0276584_18044775.jpg

a0276584_23045997.png

尾根沿いの道を登る。
a0276584_21404147.jpg
a0276584_21591618.jpg
a0276584_22000108.jpg
a0276584_22002686.jpg
a0276584_22005104.jpg
熊の平を抜け、火燈山へ。そして小倉山に向かう。
a0276584_22054642.jpg
どこまで行っても石楠花祭り^^
a0276584_22110756.jpg
a0276584_22113171.jpg
小倉谷山からは白山への展望が広がる。
a0276584_22122324.jpg
a0276584_22141463.jpg
a0276584_22143860.jpg
石楠花祭りは続く^^
a0276584_22165893.jpg
a0276584_22172471.jpg
a0276584_22201989.jpg
そして、イワウチワも
a0276584_22213499.jpg
富士写ヶ岳山頂からは、残雪の白山が。
a0276584_22224531.jpg
我谷からも石楠花祭りです。^^
帰りに前山によって深田久弥の碑を見てから下山でした。
このコースは往復11キロで14,000歩程の山歩きです。休憩&撮影しながら2時間半程の山歩き。
下りは特急ですけど。
a0276584_18072638.jpg
a0276584_08231162.jpg
a0276584_22263765.jpg
a0276584_22271584.jpg
a0276584_22285083.jpg
a0276584_22291819.jpg
こっちもイワウチワはお祭り状態。^^
a0276584_22305471.jpg
a0276584_22312442.jpg
大内峠方面も石楠花祭り^^
ここも往復約11キロで13000歩強程の山歩きです。
登り1時間20分程度。下りは相変わらず特急です。時速5~6キロ程度。
撮影しながら食事休憩込みの2時間半程の山歩きです。^^
a0276584_18090099.jpg
a0276584_22553178.jpg
a0276584_22560192.jpg
a0276584_22562359.jpg
a0276584_22580742.jpg
と、まぁこんな感じで、火燈山、小倉谷山、富士写ヶ岳は、石楠花の大当たり年となりました。
とにかく、仕事の疲れなんかぜ~んぶ吹っ飛ぶくらい山歩きを楽しませて頂きました。^^
勤務明けで山に行って次の日はまたフル勤務で仕事してまた山に行ってと、よく歩きました。^^
45,000歩程の山歩き。ずっと山を歩いていても疲れないほどの花の回廊。良かったです。^^
今年は、黄砂も飛んで来るのが遅かった為、桜のシーズンや新緑と石楠花の時期に
黄砂が来なかったのが大変良かった感じです。
今度は2020年が当たり年となる予定です。^^


[PR]

by JNPMI | 2017-05-08 23:11 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 01日

新緑の季節へ

お天気の良い週末、石楠花の様子を見に、富士写ヶ岳へ登って来ました。^^
低山は今、いっきに新緑の季節となり、萌え萌えですね。^^
それでは、富士写ヶ岳の山行を。
吊り橋を越えて登山道に入ります。(今回は我谷コースです)
吊り橋の向こうは新緑が気持ち良い。
a0276584_02345073.jpg
登山道に入ると、新緑の樹々の中を森林浴気分で登ります。^^
a0276584_02373196.jpg
新緑の葉っぱが心地よい。
a0276584_02383727.jpg
a0276584_02423245.jpg
今年は道中のイワウチワがけっこう群生してました。
a0276584_02455911.jpg
上に進むにつれて、登山道の両脇は、イワウチワって感じでしたよ。

そして、お目当ては石楠花です。
まだちょっと早かったのか、中間地点で一部群生していたが、全体的には
これからって感じ。大内の方にも下りてみましたが、やはり5月に入ってからの感じでした。
a0276584_02502619.jpg
a0276584_02510007.jpg
a0276584_02513645.jpg
a0276584_02521958.jpg
山頂には大勢の方が登って来られてました。
山桜の向こうに白山が雲に覆われながら見れました。^^
a0276584_02541730.jpg
可愛い山桜が登山道わきで青空に気持ち良く咲いてました。
a0276584_03021771.jpg

大内の方の石楠花もこれから。
山波は春の景色で、来週は大内から登ってみようと思いました。^^
a0276584_02560912.jpg
と、言うわけで、山頂で昼飯食って、楽しく新緑の中を、下りたくないけど下山です。^^
a0276584_02585513.jpg
吊り橋を渡って、無事下山。
帰りの吊り橋の向こうの景色も綺麗でした。^^
a0276584_03014823.jpg
以上、富士写ヶ岳、石楠花下見紀行でした。^^/



[PR]

by JNPMI | 2017-05-01 03:05 | 04四季燦燦 | Trackback | Comments(6)