四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 08日

GW 山はお祭り状態。

ゴールデンウィークは、繁忙期なので、更新も出来ず、このブログも
放置状態でしたが、忙しい中でも、山歩きはフル勤務明けで富士写ヶ岳に
石楠花を楽しみに行ってきました。
24時間勤務の明けでそのまま山に行くのは、きついのでは?と言われますが
私的には、山に居る方が、気持ちも身体も調子がいい。^^
それに今年のGWは、富士写ヶ岳、火燈山、小倉谷山とも石楠花とイワウチワのお祭り状態。
2014年が当たり年だったので、2017年の今年はきっとまた当たり年と予想してましたが
案の定、今年は石楠花の当たり年で、登山道は花の回廊でした。
富士写ヶ岳には、我谷コースと大内コースと火燈古道から火燈山、小倉谷山経由での富士写ヶ岳の
と、九谷ダム側からのコースがありますが、我谷、大内、火燈のコースを勤務明けのタイミングで
それぞれ楽しんで来ました。
火燈古道から火燈山、そして小倉谷山経由で富士写ヶ岳。そこから大内峠に下山。
このコースは14.5キロほどの行程で18000歩ほど歩いてきました。
私の足で、山頂食事休憩入れて、撮影しながら約4時間の山歩きです。^^下りは特急です。
あくまでも私の場合なので、時間は参考にならないとは思いますが。
ここは富士写ヶ岳と小倉谷山のアップダウンが、標高差200mくらいあるので
けっこう楽しい山歩きです。^^下ったら登り返す。これが当たり前だと思ってる方はです。^^
a0276584_20133012.jpg
a0276584_18044775.jpg

a0276584_23045997.png

尾根沿いの道を登る。
a0276584_21404147.jpg
a0276584_21591618.jpg
a0276584_22000108.jpg
a0276584_22002686.jpg
a0276584_22005104.jpg
熊の平を抜け、火燈山へ。そして小倉山に向かう。
a0276584_22054642.jpg
どこまで行っても石楠花祭り^^
a0276584_22110756.jpg
a0276584_22113171.jpg
小倉谷山からは白山への展望が広がる。
a0276584_22122324.jpg
a0276584_22141463.jpg
a0276584_22143860.jpg
石楠花祭りは続く^^
a0276584_22165893.jpg
a0276584_22172471.jpg
a0276584_22201989.jpg
そして、イワウチワも
a0276584_22213499.jpg
富士写ヶ岳山頂からは、残雪の白山が。
a0276584_22224531.jpg
我谷からも石楠花祭りです。^^
帰りに前山によって深田久弥の碑を見てから下山でした。
このコースは往復11キロで14,000歩程の山歩きです。休憩&撮影しながら2時間半程の山歩き。
下りは特急ですけど。
a0276584_18072638.jpg
a0276584_08231162.jpg
a0276584_22263765.jpg
a0276584_22271584.jpg
a0276584_22285083.jpg
a0276584_22291819.jpg
こっちもイワウチワはお祭り状態。^^
a0276584_22305471.jpg
a0276584_22312442.jpg
大内峠方面も石楠花祭り^^
ここも往復約11キロで13000歩強程の山歩きです。
登り1時間20分程度。下りは相変わらず特急です。時速5~6キロ程度。
撮影しながら食事休憩込みの2時間半程の山歩きです。^^
a0276584_18090099.jpg
a0276584_22553178.jpg
a0276584_22560192.jpg
a0276584_22562359.jpg
a0276584_22580742.jpg
と、まぁこんな感じで、火燈山、小倉谷山、富士写ヶ岳は、石楠花の大当たり年となりました。
とにかく、仕事の疲れなんかぜ~んぶ吹っ飛ぶくらい山歩きを楽しませて頂きました。^^
勤務明けで山に行って次の日はまたフル勤務で仕事してまた山に行ってと、よく歩きました。^^
45,000歩程の山歩き。ずっと山を歩いていても疲れないほどの花の回廊。良かったです。^^
今年は、黄砂も飛んで来るのが遅かった為、桜のシーズンや新緑と石楠花の時期に
黄砂が来なかったのが大変良かった感じです。
今度は2020年が当たり年となる予定です。^^


[PR]

# by JNPMI | 2017-05-08 23:11 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 01日

新緑の季節へ

お天気の良い週末、石楠花の様子を見に、富士写ヶ岳へ登って来ました。^^
低山は今、いっきに新緑の季節となり、萌え萌えですね。^^
それでは、富士写ヶ岳の山行を。
吊り橋を越えて登山道に入ります。(今回は我谷コースです)
吊り橋の向こうは新緑が気持ち良い。
a0276584_02345073.jpg
登山道に入ると、新緑の樹々の中を森林浴気分で登ります。^^
a0276584_02373196.jpg
新緑の葉っぱが心地よい。
a0276584_02383727.jpg
a0276584_02423245.jpg
今年は道中のイワウチワがけっこう群生してました。
a0276584_02455911.jpg
上に進むにつれて、登山道の両脇は、イワウチワって感じでしたよ。

そして、お目当ては石楠花です。
まだちょっと早かったのか、中間地点で一部群生していたが、全体的には
これからって感じ。大内の方にも下りてみましたが、やはり5月に入ってからの感じでした。
a0276584_02502619.jpg
a0276584_02510007.jpg
a0276584_02513645.jpg
a0276584_02521958.jpg
山頂には大勢の方が登って来られてました。
山桜の向こうに白山が雲に覆われながら見れました。^^
a0276584_02541730.jpg
可愛い山桜が登山道わきで青空に気持ち良く咲いてました。
a0276584_03021771.jpg

大内の方の石楠花もこれから。
山波は春の景色で、来週は大内から登ってみようと思いました。^^
a0276584_02560912.jpg
と、言うわけで、山頂で昼飯食って、楽しく新緑の中を、下りたくないけど下山です。^^
a0276584_02585513.jpg
吊り橋を渡って、無事下山。
帰りの吊り橋の向こうの景色も綺麗でした。^^
a0276584_03014823.jpg
以上、富士写ヶ岳、石楠花下見紀行でした。^^/



[PR]

# by JNPMI | 2017-05-01 03:05 | 04四季燦燦 | Trackback | Comments(6)
2017年 04月 25日

いろいろ言いたい事もあるけれど

4月ももうすぐ終わりで、巷はゴールデンウィークで浮かれそうですね。^^
逆に私的には、繁忙期になり、無事何事もなくこの連休が過ぎますように。と
祈るばかりではあります。^^

しっかし、ぼ~っとニュースを聞き流してると、はぁ~?って
耳を疑うようなニュースが流れて来ます。
舌の根が乾かぬうちに、とんでもない事を言う大臣。
とても復興省を引っ張り、被災者に寄り添って復興を進める方の
言葉とは思えない発言。真剣に被災者の方が今、まだどれだけ苦労してるか
全く理解していないこまったお役人です。
適材適所ではありませんね。
これ以上、東日本大震災の被災者の方の心を傷つけない様に、
適任者を配置してもらいたいものです。
母子避難で、福井県に避難している方も、6年も経つのに未だに
子供達は避難したままで、仮に1年生だった子はもう6年生です。
こちらの友達の方が多くなってますよね。確実に。
年月が経つのが長ければ長いほど、いろんな環境を含め変化が大きくなります。
1日も早く、普通の生活に戻れるように、復興省の役割は大きいはず。
明日は我が身の、地震の国、日本。国民として許せませんな。

別のニュースでは、宅配便の再配達問題。
この前、勤務明けで日中、半分ウトウトしていたら、宅配便が呼ぶではないか。
寝ぼけながら荷物を受け取り、中身と名前を確認すると、おやっ?
住所を確認すると我が家の住所ではない。
苗字も全然違うし、名前も誰?
我が家には、こんな人いないし、住所も違うよ。と、荷物を返すと
あ、すみませんと、そそくさと出ていく。
これって、例えば、私がもし、居なかったら、不在扱いになってるんだろうな。
自分たちが、間違った住所に持って行って不在で、再配達にしておいて
これから、料金を上げようってわけ?
自分達の間違いは、全く反省しない。
以前、ここで宅配の配達不備に対して不満をぶちまけたが、同じ宅配業者だった。
TOKIOは好きだが、宅配業者は大嫌いだ。あの時は、全く謝罪も無しだったし。

今日は久しぶりにボヤッキーとなってますな。^^
日本海も、不必要な緊張感はいりません。
100%迎撃出来るならいいけど、それは無理でしょ。
仮に1発でも敦賀なり原発銀座の所に迎撃されずに飛んで来たら、と、思うと
不必要な緊張感は、ホント必要ありませんから。
なんだかきな臭いのはご勘弁です。
何かで聞いたことがありますが、戦争とは、昨日まで平和だったものが
気が付けは戦争が始まっていた。今の日本より平和な国だったはずなのに。
と、言うような事には、絶対になってほしくないですからね。
絶対という言葉は嫌いですが、あえて、これに関しては絶対にあってはならないです。
昨日こんなメールが来てまして

◇◇◇お知らせ1◇◇◇
弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、政府は24時間いつでも
全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、防災行政無線で
特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、携帯電話等への
緊急速報メール等により国民の皆様に緊急情報をお知らせします。
弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
国民のみなさんが身を守るためにとるべき行動をご確認ください。

という内容がありまして、内閣官房 国民保護ポータルサイトってのがある事を
改めて知りました。知っておくべきですね。

さて、このBlogはこんなボヤキのブログではなかったはず。
そうそう癒し系風景写真のブログです。
春の桜景と三国の夕景で
癒されて頂きましょう。^^

まずは、山竹田の枝垂れ桜で清々しい朝を。
a0276584_20170200.jpg
北潟湖畔は今がお花見ロード。
八重桜の湖畔をウォーキングしていると、癒されます。
a0276584_20205988.jpg
白とピンクの八重桜もハイキータッチでズーム
a0276584_20192955.jpg

そして、夕刻は春の三国夕景。
沖を行く北海道から敦賀へ向かうフェリーが夕焼け空にシルエットで。
a0276584_20254893.jpg
春の夕景もドラマティックな東尋坊夕景。
a0276584_20273659.jpg
と、癒し系風景写真に戻りました。^^







[PR]

# by JNPMI | 2017-04-25 20:28 | 04四季燦燦 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 20日

今年の桜は。。。

今年の桜撮影は、というか、今年も桜撮影はままならず。
なかなか咲かないと思っていたら、いっきに咲いて、仕事で動けないうちに
お天気もぱっとしないまま、最後は暴風雨で、気が付けば葉桜。って感じの
2017年の桜でした。(涙;
とりあえず、夜勤明けやらFULL勤務明けになんとか撮った今年の桜を
あっぷします。なかなか時間もなく、しかも、カメラもPCも調子悪く
おまけにクロネコやら日本郵便を名乗る偽メールや、頼んでもいないお試し品が
届いたり、なんだかバタバタしておりまして、更にはHDも満員御礼で
Dataを保存できるスペースがなく、せっせと不必要な写真Dataを削除したりで
なかなか更新もままならない状態でした。
(一応別サイトGANREFにはまとめて投稿したりしてましたが、それが限界でした)
それでは、2017年の桜を
まずは、心地よい空に満開の桜と雪柳の春爛漫
a0276584_13245443.jpg
加賀ルージュ(加賀地方の赤い屋根の事)と桜
a0276584_13252446.jpg
古九谷の森の桜
a0276584_13274353.jpg
九谷ダム下流の新緑柳と桜
a0276584_13291163.jpg
我谷の桜景
a0276584_13300844.jpg
里山の1本桜
a0276584_13312590.jpg
東山の水辺の桜
a0276584_13323996.jpg
a0276584_13330060.jpg
古墳公園の桜
a0276584_13341394.jpg
樹齢370年足羽神社の桜
a0276584_13345557.jpg
国宝を目指す国の重要文化財&日本の桜100選
越前丸岡城の夜桜
a0276584_13365288.jpg
そして最後に桜舞う。
a0276584_13374499.jpg
ってな感じ。
今年は実質、夜桜を入れて3回分の撮影でした。
あとは、山竹田の枝垂れ桜のみ。
本日、早朝楽しんで来ましたが、それはまた次回に。^^



[PR]

# by JNPMI | 2017-04-20 13:41 | 04四季燦燦 | Trackback | Comments(8)
2017年 04月 03日

桜はまだだけど。

桜はちっとも咲かないけれど、夕景は春の夕陽へと。
お天気も春らしく、でも、まだ風は冷たい。
まずは、土曜の東尋坊夕景を。

a0276584_01342966.jpg
a0276584_01372058.jpg
a0276584_01372529.jpg
そして、日曜の越前加賀海岸夕景
a0276584_01383516.jpg
a0276584_01385833.jpg
a0276584_01391913.jpg
と、水平線に消えて行きました。^^
美しい夕景を楽しめました。^^


[PR]

# by JNPMI | 2017-04-03 01:41 | 04四季燦燦 | Trackback | Comments(3)