四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:槍ヶ岳 ( 6 ) タグの人気記事


2017年 08月 09日

槍ヶ岳へ。生憎の雨、黙々と山行。

なかなか時間が取れなくて、久しぶりの更新です。
もう8月も1週間も過ぎてしまいましたが、
先月末、1泊2日で、槍ヶ岳へ行ってきました。
例年、7月の末はお天気がいい傾向にあるので、事前に計画年休を出して
いましたが、まさかの雨。
台風5号の影響です。グルグル回って、迷走していたおかげで、
ひたすら雨。景色も何も見えず、雨と霧の山行でした。残念。

28日夜勤明けで仮眠してから、新穂高の登山者用駐車場へ向かい、
夜は車中泊して、翌29日朝、出発です。
5時頃に出発予定でしたが、すっかり爆睡&お天気が良くないので
暗かったので、ついつい寝過ごしてしまったらしく、7時過ぎに
駐車場をでて、新穂高登山センターで登山届を出してから
ロープウェイ乗り場を横切り、右俣林道から槍ヶ岳を目指します。
標高1,000m~3,000m迄の標高差2,000m、16.2㎞の山歩きです。
穂高平小屋を過ぎ、白出沢、滝谷を通過し槍平小屋のテラス休憩。
そこから本格的に雨降りで、雨具を着て飛騨沢から飛騨乗越で槍ヶ岳へ。
a0276584_22565882.jpg
a0276584_22583629.jpg
a0276584_22590695.jpg
a0276584_23015575.jpg
a0276584_23051514.jpg
景色は何も見えない中、黙々と歩いて槍ヶ岳山荘に無事到着。
宿泊の手続きをして、おでんを食べてやっと一息。
今回の私の寝床は素泊まり部屋の双六12番。
ところが、その場所にはすでに誰かがもう寝ているではないか。
フロントに行って、状況を説明し、反対側に寝る場所確保。
で、戻ると、その場所は、また別の方が寝ているではないか。
仕方なく、上の段が空いてたので、そこで寝る場所確保。
全身ずぶ濡れなので、とりあえず着替えて、脱いだものはすべて
乾燥室へ持ち込み朝まで感想です。これは助かりますね。
部屋に戻る時気が付きました。
ここではまだストーブが活躍してます。やはり3,000mの世界は
下界とはちと違いますね。
それにしても、一気に体力の衰えを感じました。昨年までは
日帰り出来たのに、もう日帰りは無理だなと思いました。
途中、槍平手前で足がいってしまい、1時間ほど動けませんでした。
撤退しようか考えながら、マッサージと芍薬甘草湯とアミノ酸で
回復をはかり、槍平小屋のテラスでゆっくり休憩して
結局8時間かけて、15時過ぎの到着で、よう疲れました。^^
それにしても、せっかく来たのになぁ~んにも景色が見えなくて残念。
夕刻、一瞬だけ槍が姿を現す。
慌てて外に出ようとしたが、あんなにいっぱいあったスリッパが一つもない。
みんな思いは同じ。一斉に外に出たみたい。
乾燥室のところにスリッパがあった事を思い出し、そこから何とか外に出て1枚。
この日見れた山の景色はこれだけです。(汗;
あとはひたすら雨雲の中を歩いて来た感じ。^^
a0276584_23281443.jpg

翌朝、am3時過ぎから、慌ただしく皆が動き始める。
槍の山頂から朝日を見ようと登る為だと思うが
外を見れば、ガスガス。おまけに雨も降りだす。
ま、後は帰るだけだから、私はゆっくり状況を見てからの行動とする。
二度寝のあと5時過ぎに起きて、外を見るが状況は変わらず真っ白で何も見えないガスの中。
朝食の準備をしながら、気象衛星図やら天気図、雨量解析データ、雨雲データ等、
スマホで得られる情報をかき集め、7時頃には雨雲ははけると判断。
食事を済ませ、6時30分に槍の穂先へ向かう。
団体さんの後につく形で、この時間帯は混みそうだが、急ぐわけではないので気にしない。^^
a0276584_00093385.jpg
a0276584_00111438.jpg
a0276584_00141391.jpg
相変わらずガスガスの中だが予定通り雨は止んで、山頂へ到着。
a0276584_00293931.jpg
一瞬ガスがはけた時があり、槍ヶ岳山荘が見え、まさに天空の山小屋で感動。^^
a0276584_00204404.jpg
その後もガスガスで、早々と降ります。
a0276584_00253812.jpg
a0276584_00262445.jpg
山荘前のお花畑を見ていよいよ下山です。
a0276584_00281468.jpg
フロントでお世話になったお御礼を言って、山荘を出る。
帰りは、西鎌尾根、硫黄尾根、樅沢岳を経由し双六から弓折岳を経て鏡平へ下りて
左俣コースで新穂高のマイカーへ向かいます。
a0276584_00383147.jpg
a0276584_00384901.jpg
結局、西鎌尾根も途中から雨降りとなり、また雨具を着て雨に打たれながらガスガスの中、
黙々と歩きます。西鎌尾根からの景色は、とてもいいのだけれど、なにも見えません。(涙;
a0276584_00391029.jpg
a0276584_00393157.jpg
a0276584_00423247.jpg
そして、やはり今年は残雪が多い。未だ夏道が雪渓で消えてる所がまだありました。
そんな中でも、雪渓とお花畑には、雨の中ちょいと癒されます。^^
a0276584_00431816.jpg
a0276584_00484964.jpg
a0276584_00453031.jpg
a0276584_00460015.jpg
槍ヶ岳を後にして3時間、双六小屋へ到着です。
a0276584_00501238.jpg
かなりくたびれたおっさんです。^^;
a0276584_00504485.jpg
ここでカレーを頼んで空腹を満たす。^^
a0276584_00520641.jpg
お腹がふくれて元気回復で下山再開。^^
a0276584_00560745.jpg
a0276584_00541111.jpg
相変わらずガスガスの中、お花畑にはほっとします。^^
雨と霧の今回の山行、なぁ~んてこったぁと思いながら歩いていた弓折手前
なんと、登山道に雷鳥がお見送りです。
これがまたいい出会いでした。
私になにやら訴えてます。
a0276584_01034576.jpg
「おやおやどうした?おまえ逃げないの?」
「ちょっと聞いてよ。ちびっこがちっとも言う事を聞かないのよ」って
言ってたかどうかは分かりませんが、6つほどいる雛が、登山道歩き回ったり
好き勝手にあちらこちら自由行動で歩き回っています。
a0276584_01023752.jpg
a0276584_01030675.jpg
このおかぁさん雷鳥、ひたすら何かしゃべっている様に私のカメラの前で鳴いてます。
その周りで雛は相変わらず自由行動。きっと集合って言ってるかも知れません。^^
a0276584_01095778.jpg
a0276584_01125592.jpg
とまぁ、この雷鳥の親子に出会えただけで、これまでのひたすら雨と霧の山行も
なんとなく報われた感じでした。^^
また来年、今度はお天気のいい時にいきたいなと思いながら、
無事、往路16.2㎞8時間、復路19㎞7時間の今回の山行を終えました。^^

さて、この山行に雨をもたらした台風は、昨日から今朝にかけてこちらを通過して行きました。
予報ではアルプス越えの進路予想でしたが、これまでアルプス超えの台風は無いので
昨日、仕事中から、ありえないと言ってましたが、案の定、白山を越えられず、白山連峰に沿って
能登半島、富山湾に抜けました。
それにしてももう2週間以上勢力保っている長寿台風。早く過ぎてくれたらいいのに遅い。
今朝、氷見辺りに居たのに、夕刻まだ佐渡島。遅すぎ。
被害にあった方々にはお見舞い申し上げます。



[PR]

by JNPMI | 2017-08-09 01:27 | 08四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2014年 10月 17日

怖い怖い!

エボラ出血熱。怖いですね。
よその国の事だと思ってると、とんでもない事になっちゃいます。
今は、飛行機で人も荷物も病気のウィルスも数時間で、遠くだって数十時間で
やってきちゃいます。
セアカ毒蜘蛛なんて、もう今ではどこにでもいて、もう完全駆除は不可能となっているそうだ。
のんきに他人事などと言っていられない時代。
入口出口でリスクを抑え込まないと、恐ろしい事になっちゃいます。
ましてや、今の時代、いろんな免疫がなくなってきている状況ですからね。

さて、雨が降る毎に気温が少しづつ下がって、夜や朝方はけっこう寒くなってきました。
皆様、1日での温度差も振り幅が大きいので、くれぐれも健康管理、風邪などひかぬよう
この時期は着る物で調節しながら、美しく美味しい季節を楽しみましょうね。^^

では、土曜の山歩きの写真を。

a0276584_7535774.jpg

槍、穂高と鏡池を見ながら気持ちいい登り。
a0276584_7544293.jpg

弓折乗越で一息いれて。お天気もいいので気分も最高。
a0276584_7575852.jpg

鷲羽岳がど~んと見えてきたら、双六小屋へもうすぐです。(なかなかつかないけど^^;)
a0276584_812924.jpg


あちゃぁ、時間がヤバイので、今日はこの辺で。
[PR]

by JNPMI | 2014-10-17 08:04 | 四季燦燦 十月 | Trackback | Comments(6)
2014年 10月 15日

ワンチャンス

台風19号が来る直前、たった1日の休みに懸けました。
これまで、11.16.18号と、3度やられて来たわけではありますが
19号はスーパー台風となって、またしても3度ならず4度目かぁって
思ってましたが、意外とゆっくりしていたおかげで、11日の土曜日
夜行日帰りで、ワンチャンスをものにしてきました。^^
金曜の夜、仕事明けでちょいと仮眠して日付が変わってから高速へ乗っかる。
巷は、3連休なので、駐車場が心配でしたが、夜中、新穂高の登山者用の
無料駐車場は、以外に簡単に停められちゃいました。
天気予報は快晴でしたが、駐車場の空はいまひとつな感じ。
とりあえず、車の中で朝まで仮眠。
夜が明ける前に出発です。
山の紅葉は、どうやら今年は10日ほど早いらしく、しかも台風18号も去った
後なので、そこは期待もせず、ただ、ただ山を歩きたかった。
どうせなら、北アルプス、飛騨山脈を快晴の中で楽しみたい。
そう思いながら、三脚担いで、年賀状用の写真も撮ってくるぞと、
小池新道から西鎌尾根と槍、穂高をずっと眺めながらの山歩き。
連休など無関係の私、翌日は仕事なので、やっぱり日帰りですが、どのみち
台風も接近してくるから、この1日はほんとに貴重な1日となりました。
ただ、意外なほど人が少なかった。
台風や御嶽山噴火の影響もあったのでしょう。さらに紅葉も終って晩秋の趣と
いうのもあったのでしょう。
双六で昼飯を食ってる時も、近くにいた登山者に、びっくりするほど少ないですね。
って思わず話さずにいられないほど、ほとんど人が居ませんでした。^^
まぁ、私は山屋でもないしクライマーでもないしトレイルランナーでもなく、写真撮りなので
出来れば人が少ない方がいいわけで、しかも最高のお天気でしたので、
とても楽しく、写真撮りと山歩きを満喫出来ました。
山には朝入って夕方出る。片道18キロも心地好い疲労感でした。^^

a0276584_10163091.jpg


a0276584_1020374.jpg

槍の角度を見ると、おのずと歩いた距離も想像できるかな。^^
何度も言いますが、私は山屋でもなんでもなく写真撮りなので、けっして無理して歩いてる
わけではありません。普通に歩いて楽しんできたので、大変だとは思わないで下さいね。

しっかし、日が短くなりました。
6時半頃駐車場はもう真っ暗。のんびり写真撮りながらの山歩きなので、油断してました。
6時過ぎたらヘッドライトが必要でした。^^
ただ、山で他の登山者から言われた事。
「それだけうるさかったら、熊も逃げるわ。」
ジャランジャラン・チリーンチリーン・カランカラン。熊鈴3種類、ザックに付いてるので
熊さんにも遭わず無事帰れました。^^

ところで、皆様、台風19号の被害は無かったですか。
私はずっと仕事でしたので、凄さはあまり判りませんでしたが、家も車庫も無事だったので
良かったです。^^

また、写真はボチボチと。(他にネタがないのでね^^且つ現像も出来てないんだけどね^^;)

でわ本日、夜勤明けなので、もう寝ま~す。おやすみで~す。zzz
[PR]

by JNPMI | 2014-10-15 10:38 | 四季燦燦 十月 | Trackback | Comments(6)
2012年 09月 29日

リハビリ山行 槍ヶ岳その2

夕刻のドラマは残念ながら、雲に遮られてしまいましたが
槍の穂先で360度の景色を堪能していたら、
ヘリが小屋への荷降ろしに飛んできました。
眼下にヘリの荷降ろしを見るってのも、なんか変な気分。^^
a0276584_7423780.jpg


小屋に戻って、腹こしらえ。しっかりザックにしょってきたので
自炊小屋泊まりで、経費節減です。
ここでしっかり食べておけば、明日の岐路は、ザックも軽く足取りも
軽くなる。水は3リットル持ってきて1.5リットルを飲んじゃったから
その分も軽くなって、腰への負担も軽減されるぞ^^

20:30の消灯時間まで、外に出て星を楽しむ。と、思ったら
なんとも明るい月明かり。天の川があるはずなんだけど明る過ぎてみえね~^^;
しかも、夕刻穂先に行った時に、カメラマンがひとり、今晩ここに泊まると
言っておったが、マジでおる~。
月に照らされた槍の穂先にヘッドライトが光る。しかも2人もいる。@@
20分ほど流しましたが、飛行機は飛んでるは、ヘッドライトが光るわで
ちょいと興ざめな天空でした。(笑)
a0276584_814353.jpg

しっかし、さむかったぁ~。
でも、ここではまだアップ出来ませんが、
星空の下、滝雲と笠ヶ岳が撮れましたので、ヨシとしよう^^
小屋に戻ってストーブで暖まってから部屋に戻って就寝です。

翌朝、ガサゴソ物音で目が覚める。
時計を見ると5時5分前。ヤベ、ヤベ急がなきゃ陽が昇っちゃう。
ダウンを着込んで、三脚とカメラを担いでウエストバックに飲料と備品を詰め
朝景を撮りに出発です。
目指すは大喰岳。
今なら常念の後ろ辺りから朝陽が昇るだろう。そしてモルゲンロートの
槍ヶ岳を狙う。槍の穂先にではなく大喰岳を目指すのはその為。^^

2人ほど追い越し、急げ急げと駆け上がる。考えたらここも3100m
朝から天空で走ったら息が上がる。オバカですね~。
大喰岳に着いて三脚セット。さぁご来光は・・・・・ありゃりゃぁ~雲の中~。
なんてこったぁ。でも、雲間からサァ~ッと斜光が入ってくれたら・・・
期待ばかりが先立つが、自然はこっちの思い通りにはなりません。^^
右に中岳から続く北穂、奥穂、そして前穂の穂高連峰、左に槍ヶ岳と
モルゲンロートに赤く染まる山容は残念でした。また今度おいでと
言う事なのでしょう。
遠く富士も、光が届かず。
a0276584_8303630.jpg


しばらく粘っていると、陽も高くなり雲間から光がもれて来ました。
南岳から北穂、その奥の前穂にも少しずつ光が入る。
a0276584_8351989.jpg

そして、槍にも陽が入る。
a0276584_8411132.jpg

残念ながら陽がどんどん高くなり過ぎてモルゲンロートは残念でしたが
それなりに朝の雰囲気を楽しめました。
これもまだあっぷ出来ませんが、光る雲海と常念岳も撮れましたので
ヨシとします。(笑)
しっかし、めっちゃさぶかったです。風もめっちゃ強く、カメラをセットした三脚ごと
風で浮きましたから、かなりの強風でした。とにかく寒い寒いの連呼でした。^^

続きは、また明日~。
[PR]

by JNPMI | 2012-09-29 08:45 | 四季の風景 9月 | Trackback | Comments(6)
2012年 09月 28日

初秋リハビリ山行、槍ヶ岳

今朝も爽やかな秋晴れの、清々しい朝でした。
あわてて行くこともなかったかな(笑)

ちょっと天気予報に惑わされた感ありの
槍ヶ岳山行でしたが、景色は楽しめました。
朝、夕のお日様は、残念ながら雲に遮られましたが、
山の雰囲気は十分堪能しました。

不安な脚は、限界になる前にちょっとでも違和感があれば
撤退と言う事を決めて歩き始めましたが、
無意識に故障した左足をかばっている為か、逆に右足がピクピクと。(汗;
入念なマッサージと休憩を取りながら、右俣沿いに千丈分岐から
飛騨沢から飛騨乗越を経由して槍ヶ岳に到着です。^^
ただただ、ひたすら歩いたぞ~って感じです。

槍から穂高の山並みを
a0276584_7504924.jpg


夕照を受け
a0276584_7523261.jpg


残念ながら夕陽は雲の方に
a0276584_7545222.jpg


つづきは、また明日~^^
[PR]

by JNPMI | 2012-09-28 07:56 | 四季の風景 9月 | Trackback | Comments(4)
2012年 09月 27日

リハビリ登山2

取り急ぎ一枚あっぷします。
リハビリ登山パート2。
週末、お天気下り坂という事で、今日しかないと
ちょっくら槍まで行ってきました。
a0276584_7524925.jpg

3180メートルの狭い頂。
さすがにここは狭くて飛べない(笑)
[PR]

by JNPMI | 2012-09-27 07:53 | 四季の風景 9月 | Trackback | Comments(4)