四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 14日

槍ヶ岳へ その2

その2
槍ヶ岳山荘に泊まり、夜、満天の星に包まれましたが、
睡魔が勝り、星空を撮る事もなく、爆睡でした。^^
しっかし、宿泊客の7割はよその国の方なんじゃないだろうか。
そして、常に前へ前へと、文化の違いというか、奥ゆかしさの
かけらもありません。
しかも、よその国の方々は、開けた戸は、閉めるという習慣が
ないのか、この時期、3000mの世界は、寒いのです。
夏でも夜はストーブが付いてるようなところです。
当然、廊下にもストーブは全開でついている訳です。そして
私の場所は、廊下の入り口の一番通路側。
開けっ放しの戸を何度閉めた事か。
開けたら閉める。そんなもん当たり前じゃろ。
そんな奴は、わざわざ異国の山に来るなぁっ!と、叫びたい気分でした。
ま、そんなことはさておいて、
10月3日 2日目 
ちなみに、今回はカメラは持ってるカメラが次々に壊れて、
しかも、ボンビーなので、フジのビギナー向けのミラーレスX100を
購入してこの山行に向かいました。写真は撮って出しです。
Bluetoothなので、スマホ連動で楽ちん。

朝、5時過ぎに、槍ヶ岳を後にして、大喰岳を目指します。
ちょいと寝坊したので、慌てて走ったら、ちょっと息切れ。
つらい。よく考えてみりゃそこは3000m地帯です。(汗;

常念からのご来光は、残念ながら、雲の上からでした。
a0276584_10370653.jpg
槍方面を見ると、朝日が照らす槍の山頂にて楽しむ人々。
a0276584_10374275.jpg
そう言えば、前日、景色があまり見えなくて2度も登ったが
いっとき、よその国に居るのかと勘違いするほど、よその国の
方々で、あの狭い山頂がいっぱいで、誰かはやく日本の方が
登って来ないかと、首を長~くして、待ってた事を思い出します。
人が写真撮ってても、お構いなしで、前へ前へと来ちゃうので、
参っちゃう。下りる時も、梯子や鎖は、一人ずつ、行くまで待つ
のですが、後ろからガンガン煽って来るので、危なくて仕方がない。
ちょっとしばらく待て!と、思わず怒鳴ってしまいました。
まぁ何というか文化の違いというか、人種の違いというか、一番近い
隣国なのだけれど、どうも違いすぎます。
日本のマナーを守れ。郷に入っては郷に従え。それが出来ないなら
来るな!と、年々、ここに来るたび思う。年々比率が増してる気がする。
と、言い出したらキリがなくなるのでここまでで。

山荘とその後ろ、立山方面を
a0276584_10511648.jpg
鷲羽、水晶方面を
a0276584_10565330.jpg
笠ヶ岳に陽が入り、後ろに白山も浮かんで来る。
a0276584_10595289.jpg
乗鞍岳、その後ろに御嶽も見えました。
a0276584_11010768.jpg
穂高方面
a0276584_11030134.jpg
南アルプス方面。この時は富士山は見えませんでした。
a0276584_11071669.jpg
そして、朝の景色を楽しんだ後は、この日の目的である天狗原、槍沢方面へ
向かいます。
槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳、天狗原分岐~槍沢~槍ヶ岳~飛騨沢~新穂高と
ぐるりと回って紅葉を楽しむ予定。槍に戻って時間があれば、西鎌尾根から
弓折、鏡平、小池新道を経て新穂高へのルートも考えながら。^^

中岳への垂直階段。見上げると月が。^^
a0276584_11163365.jpg
中岳から歩いて来た槍方面を振り返る。
a0276584_11173285.jpg
もうこの辺りは歩いても歩いても、ずっと岩しかありません。
というか、岩だらけです。^^
a0276584_11293083.jpg
a0276584_11301558.jpg
南岳と天狗原分岐にて。
a0276584_11195488.jpg
天狗原へは、岩とハシゴと鎖場の急坂です。
落石で思いっきり変形したハシゴの手すりが、嫌な感じ。^^;
a0276584_11313288.jpg
a0276584_11325186.jpg
そして、天狗原の紅葉を楽しむ。
a0276584_11424367.jpg
そこから、目的の天狗池へ
好天に恵まれ、絶景でした。
天狗池の逆さ槍を。
a0276584_11440283.jpg
a0276584_11442725.jpg
a0276584_11591509.jpg
そこから、更に高度を下げ、槍沢の分岐へ向かう。
槍沢の紅葉はちょうど見頃でした。
a0276584_12020716.jpg
a0276584_12034406.jpg
紅葉を楽しんだ後は、下りた以上は登り返さないといけません。^^
また、黙々と登ります。
ちょうど槍ヶ岳開山の播隆上人の播隆窟にて一休み。
a0276584_12063573.jpg
更に登って殺生ヒュッテとの分岐迄来ると、槍が近づきます。^^
a0276584_12080288.jpg
振り返ると、富士山も見えました。^^
a0276584_12094507.jpg
さらに歩いて、やっと山荘到着です。
a0276584_12355979.jpg
お腹が空いたので、山荘でラーメンを食べて、そんでまた
槍の山頂へ向かっちゃいました。^^
a0276584_12380588.jpg
前日とは違って、いい眺めでした。
常念方面を
a0276584_12390616.jpg
双六、黒部五郎方面を。
a0276584_12403599.jpg
鏡平、鏡池も見えました。
a0276584_12425256.jpg
a0276584_12441523.jpg
と、山頂で良い景色を見ていたら、帰りの時間がヤバくなってきました。
西鎌尾根、双六、折立、鏡平から小池新道の左俣コースは、ちと帰りが
真っ暗になりそうなので、飛騨沢から右俣コースで、新穂高へ帰る事にしました。

12時30分山荘を出発です。
紅葉を楽しみながら名残惜しくも下山です。^^
a0276584_12481689.jpg
a0276584_12513329.jpg
a0276584_12521714.jpg
黙々と一人歩いて、歩いて、16:20分頃到着です。
お土産屋さんにも、なんとか間に合いました。^^
温泉に入って、よーくマッサージして、帰路に向かい無事、自宅到着です。

台風の合間を縫って、良いお天気に恵まれ、ナイスな年休となりました。
また来年、秋の山行を楽しめればいいなと思います。^^

2日目のデータはまず、記録スタートを忘れ、途中から開始で、しかも
何故か白出辺りで切れちゃって、まともな記録となりませんでしたが
一部の記録として貼っておきます。^^自分の為に^^
a0276584_13013133.jpg
a0276584_13023110.jpg
a0276584_13044126.jpg
槍迄ほぼ片道14kmなので、往復28kmに天狗原、槍沢のぐるり1周を入れたら
2日でほぼ35kmくらい歩いたんじゃないかと思います。
まだ、なんとか頑張れそうです。^^/




[PR]

# by JNPMI | 2018-10-14 13:09 | ’18年 四季燦燦 10月 | Trackback | Comments(3)
2018年 10月 09日

槍ヶ岳へ そのⅠ 台風の合間を縫って

台風の合間を縫って(24号と25号)2日、3日山荘泊りで行って来ました。
年休は、決め打ちで3ヶ月も前から取ってあったので、
お天気悪けりゃ、目的地変更も考えてましたが、
ちょうど、天気予報は晴れ曇りで、経過通り槍へ向かいました。

槍平小屋のHPで、1日は台風の影響で、滝谷の沢は増水で渡渉禁止となって
いて、登山の方は2日以降にとの情報でした。

新穂高の登山者用無料駐車場に朝、4時30分到着して、準備を整え
登山センターにて、もし渡渉できなかったら左俣の鏡平、双六、西鎌尾根ルートで
行くか、いろいろ悩んだ挙句、右俣で、滝谷が無理なら、戻って左俣に。
ま、時間もあるので、それで行こう。と、決めて、5時30分に
新穂高を出発です。

白出沢に着く頃には、もうヘッデンも必要なく明るくなってきた。
ここから奥穂へ登るルートがあるが、ちょいと危険。
a0276584_10113463.jpg
問題の滝谷沢は、何組か渡渉できず、停滞していたが、
下を諦め、上の方で渡渉できる場所を探し、1歩飛べば渡れる場所をみつけ
無事、渡渉。「こから渡れるよ~」と合図して
停滞していた方々も、私の後を続く形となった。
滝谷を渡ると藤木レリーフがあります。
(近代登山とロッククライミングを一般社会へ普及させた先人の有難い方)
a0276584_10251628.jpg
南沢を越えて木道が出て来たら、槍平小屋はもうすぐ。
秋色の中、槍平小屋へ。
a0276584_10272802.jpg
a0276584_10274534.jpg
一休みして、飛騨沢へ向かいます。
山深い秋景色の中を、一人黙々と、気分よく山歩きです。^^
a0276584_10331092.jpg
a0276584_10332681.jpg
a0276584_10370346.jpg
a0276584_10373008.jpg
そして、千丈乗越と飛騨乗越の分岐へ。
a0276584_10375149.jpg
a0276584_10380851.jpg
お天気は晴れの予報だったが、雲多し。
ここから一気に高度を上げていきます。
そして、気温も下がって行きますので、ここで休憩&防寒対策実施。
さぁ、頑張って登ります。
a0276584_10474240.jpg
飛騨沢はハイマツも岩稜も霧氷で凍てついておりました。
a0276584_10484400.jpg
a0276584_10504913.jpg
そして飛騨乗越に到着。
a0276584_10531626.jpg
槍ヶ岳まではもうすぐ。

テン場から飛騨沢を見下ろす。
a0276584_10564233.jpg
テン場から槍沢を見下ろす。
a0276584_10581205.jpg
そして槍ヶ岳へ到着です。
朝5時半に、新穂高登山口を出発。
約14km、黙々と歩き、6時間半かけて12時、到着です。^^
a0276584_11255898.jpg
a0276584_11263179.jpg
凍てついてます。^^;
a0276584_11273378.jpg
宿泊手続きをして、お昼はランチのカレーで腹ごしらえ。
お腹も満たして、身体も温まったので、山頂へ。

お昼も13時30分過ぎてますが、岩稜の霧氷は凍てついたまま。
なかなかの光景です。
a0276584_11073448.jpg
山頂から山小屋を見下ろす。高度感ありますね~^^
a0276584_11084946.jpg
山頂にて。
a0276584_11280870.jpg
a0276584_11283527.jpg
a0276584_11300936.jpg
この日は、雲が峰々を隠していたので、穂高が顔出して来るのを待って、
一度下りて、再び2度目の山頂へ。

槍ヶ岳開山の播隆上人も見たであろうブロッケンも現れました。
a0276584_11340701.jpg
西鎌尾根は滝雲に包まれる。
a0276584_11350875.jpg
笠ヶ岳も顔を出してくれました。
a0276584_11365213.jpg

と、まぁこの日の登山の疲れを癒してもらえました。^^
a0276584_20145973.jpg
a0276584_20151593.jpg
a0276584_20152883.jpg
続きは、その2にて。



[PR]

# by JNPMI | 2018-10-09 11:39 | ’18年 四季燦燦 10月 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 01日

65回目の白山

先日、9月28日、台風が来る前の、晴れの日。
ちょうど休みと重なって、こりぁ行くしかない!と、
白山に行って来ました。^^
勤務明けで、しっかり日中寝ておいて、夜中に起き出し
別当出合いへ向かう。
ちょっと寝坊して、別当出合いを、夜中2時半出発。

65回目の白山です。

ヘッデンと月明りで、一人黙々と登る。
さだまさしの、「空になる」を口ずさみながら^^
私の脚で室堂まで途中、甚之助で休憩しながら3時間かかります。
室堂から山頂御前峰までは、20分はかかりますので、
日の出の5時45分には、どうも間に合いそうもありません。
5時半に室堂に到着し、山頂は後回しにして、平瀬道とアルプス展望コースの
分岐へと向かう。
平瀬道からでも、アルプスからの日の出が見れるためだ。
ギリギリ、乗鞍岳からのご来光に間に合った。^^
a0276584_14415398.jpg
a0276584_14420988.jpg
a0276584_14425177.jpg
この日はとにかく寒かった。
気温は1℃くらい。でも、強風で、グングン身体から体温を奪っていく。
防寒対策はしていったが、めっちゃ寒かったです。
この後、室堂の小屋に急いで走り込んで、ストーブの前で温まりました。
a0276584_14453863.jpg
a0276584_14455241.jpg
a0276584_14462022.jpg
でも、いい朝でしたよ。^^
別山とナナカマド。秋化粧です。
a0276584_15065153.jpg
体温を戻してから、改めて、山頂、御前峰へ。そこからお池巡りコースを楽しむ。

山頂から北アルプスを一望
a0276584_14482878.jpg
別山、室堂方面を見下ろす。
a0276584_14495160.jpg
山頂にて65回目の記念の1枚を。
a0276584_14525252.jpg
そしてお池巡りへ向かう。
a0276584_14535202.jpg
a0276584_14540750.jpg
翠ヶ池の残雪ももうちょっとだけ。
a0276584_14544030.jpg
翠ヶ池の向こうに、劔・立山。
a0276584_15045839.jpg
千蛇が池の万年雪は、まだしっかりありました。
a0276584_15052637.jpg
お池巡りのあと室堂に戻ります。
a0276584_15102071.jpg
室堂に着いたら、急いで下山です。
弥陀ヶ原の秋景色を楽しみながら。
a0276584_15121813.jpg
a0276584_15125301.jpg
a0276584_15132705.jpg
中間地点のダケカンバで一休み。
a0276584_15152024.jpg
と、いう訳で、夜中の2時半からお昼の12時までの山歩き。
65回目の白山も無事、楽しめました。
また、10月も行こうかな。^^
a0276584_15171991.jpg
a0276584_15180635.jpg
a0276584_15185196.jpg
a0276584_15205958.jpg

[PR]

# by JNPMI | 2018-10-01 15:21 | ’18年 四季燦燦 9月 | Trackback | Comments(6)
2018年 09月 27日

また台風です。ご用心。

9月は台風の後、雨ばかりで、さっぱりな日が続いてますが
またまた、大きな台風がやって来ます。
予定では、台風通過の時、もろに徹夜勤務に入っているので
ちょいと心配です。前回も勤務で、めっちゃ強風に参りました。
とりあえず、仕事で家を空けるので、今のうちに備えだけは
万全にしておかなければと、思っております。
車庫の屋根が飛んでいかないか、不安ではありますが。^^;

さて、今月は、更新も滞っておりますが、いかんせん雨ばかりで
撮影もさっぱりで来てません。
それでも、今週、ちょいと美しい夕景に出会えましたので
あっぷしておきます。

越前加賀海岸の美しい夕景を。

a0276584_21132122.jpg
a0276584_21134521.jpg
a0276584_21153653.jpg
a0276584_21155299.jpg
a0276584_21161350.jpg

[PR]

# by JNPMI | 2018-09-27 21:17 | ’18年 四季燦燦 9月 | Trackback | Comments(2)
2018年 09月 19日

涼しくなりました。

9月になって、いっきに涼しくなりました。
前半、雨ばかりだったから、あの暑かった夏から、いっきに10℃は
下がった感じ。
やっと過ごしやすくなってきたかな。^^
来月には紅葉も楽しめるかな。
ただ、今年の紅葉は、いかがなものか気になります。
異常な気候の年ですからね。

ブログも、久しぶりの更新となりました。
今日は、久しぶりに夕景が綺麗そうだったので、夕刻、海へ向かいましたが
夕陽には間に合わず。
沈んだ後の余韻の夕景を、河口から楽しみました。
a0276584_22103945.jpg
a0276584_22105110.jpg
秋の空ですね。
やはり、海岸線から、ドラマティックな夕景を狙いたかった感あり。
今日は良いお天気でしたが、明日からまた下り坂らしく、雨予報となっています。
これだけ雨ばかりだと、今月、白山に行けるか、ちと心配ではあります。
今月は、月の頭に富士写ヶ岳にいったのみ。
a0276584_22193203.jpg
なかなか山にいくチャンスも無く、
人間ドックでは、運動してくださいと言われるし、(コレステロール値が高い)
マジかぁって感じ。
毎日のウォーキングに月1回以上の登山をして、運動不足と言われてもね。(汗;





[PR]

# by JNPMI | 2018-09-19 22:26 | ’18年 四季燦燦 9月 | Trackback | Comments(4)