人気ブログランキング |

四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:山行 ( 5 ) タグの人気記事


2018年 08月 03日

60歳の挑戦 剱岳日帰り山行

7月末28.29日と、年休を取って今年も槍に行く計画でした。
ところが、台風が、グィ~ンとUターンして逆走してきた。
こりゃまずい。予定を大山に変更しようと計画してたら、
家族が具合悪くなって、病院搬送。
計画年休は、結局病院の待合室で消化することとなる。
幸い大事には至らず、年寄りは現在治療中の中で、薬を1回飛ばしたのが
ちょいと容態を悪くしたと思われる。
いずれにせよ、今年も台風のおかげで、せっかくの山旅は
予定とは全く異なる事となった訳であります。

結果、30日だけが予備日として休みをフル活用せざるおえなくなる。
31日からフル勤徹夜勤務でさらに1日は明け夜勤の連ちゃん仕事なので
本来は、身体を休める日の予定だった。
が、しかし、雨も風も吹かず、台風の影響が無い状態で、30日を
迎える事となり、これはもう山に行くしかない。と、心に決める。

槍は、行くまでの道中が富山経由でも東海北陸道でも遠い。
そうだ、剱へ行こう。立山ICまでならまだ近い。
馬場島から早月尾根で日帰りでなんとか行けるか。
しかし、体力的にホントに行けるか?。
標高差2,300m、日本3大急登の早月尾根ルート。
昨年、槍へ行って、もう槍も剱も日帰りは無理だなと実感したはず。
でも、行きたい。

60歳の挑戦です。
夜中に登って、昼に帰る。剱岳日帰り。


ザックにとにかく水分と行動食を詰め込み、北陸自動車道に乗り立山ICを目指す。
近づくにつれて、おやおや、剱、立山はなんだか黒い雲に覆われてる。
天気予報は夕刻は雨。えっ!雨!
でも、夜は晴れ。
とりあえず、馬場島まで行って、駐車場で様子見。
晴れなければ、帰る。そう決めて待機。
ちょいと、とうとしていたらお月様が出て来た。
いざ出発。ヘッデンつけて、月明りの下、ひたすら登る。
富山市街の夜景が、馬場島の駐車場が、登っても登っても同じ景色。
ホントに高度が上がってるかどうかは、1000mから200mおきに標高の表示板で
納得させる。気分的には景色が変わらないので、キツイ。
体力的には、30分おきに水分補給で、意外と調子いい。
早月小屋について、バナナと栄養ゼリーでエネルギー補給。
一休みして、これからが、岩と雪の殿堂へ向かうアプローチです。
何も考えず、ひたすら登る。
だぁれも居ない登山道、一人黙々と登ると、夜が明けてしまいました。
山頂でご来光を見る予定でしたが、
残念ながら、間に合いません。体力的には意外と平気ですが
スピードはあがりません。やっぱり年ですね。無理はしない。

やがて、ギザギザのシルエットが浮かび上がって来る。
a0276584_06581653.jpg
a0276584_07003161.jpg
a0276584_07004826.jpg
雪渓を歩きクールダウン。
a0276584_07043607.jpg
猫又、毛勝山か?
a0276584_07051412.jpg
チングルマのお花畑
a0276584_07461665.jpg
朝陽が射し込む大日岳を背景にタカネマツムシソウ?かな。
a0276584_08021169.jpg
西の空にはも
a0276584_08033166.jpg
そうこうしている内に、剱尾根から朝陽が。急がねば。
a0276584_08045110.jpg
剱のシルエットがいい感じ。
a0276584_08073158.jpg
そして、その奥には白山が見える。
a0276584_08084135.jpg
蟹のハサミとやらを抜け、やっと山頂に立つ。
a0276584_08135028.jpg
お天気は最高で360°眺めは最高。
登って来た早月尾根を見下ろす。早月小屋やその下に馬場島の駐車場も見える。
a0276584_08151698.jpg
富士山も見えました。
a0276584_08175077.jpg
a0276584_08183611.jpg
五竜に鹿島槍
a0276584_08192913.jpg
白馬三山
a0276584_08260921.jpg
白馬山荘も見える。
a0276584_08265668.jpg
槍もみえるぞ。^^
a0276584_08275416.jpg
室堂ターミナルも
a0276584_08283667.jpg
笠ヶ岳も見えます。
a0276584_08392435.jpg
山頂で1時間ほど休憩して(ラーメン2つも食べちゃった。)
いよいよ下山です。
カニノタテバイからと早月尾根の分岐にて
a0276584_08433575.jpg
a0276584_08493799.jpg
早月尾根はカニノハサミを抜けて。
1箇所だけ、ボルトがないと足場が厳しいところがあるが、
あとは大丈夫。もちろん油断は禁物。(落ちたらOUT)
a0276584_08532844.jpg
a0276584_08534690.jpg
a0276584_08540344.jpg
a0276584_08542753.jpg
a0276584_08544600.jpg
と、まぁこんな所を通過して、山頂から約2時間、やがて早月小屋に到着です。
a0276584_08560364.jpg
a0276584_08564194.jpg
早月小屋前にて、一休み。幻のアンパンを食べエネルギー補充。
a0276584_08570433.jpg

ここからまだまだ長い道のり。
ひたすら下りですが、ちっとも高度が下がって行かない感じ。
駐車場は見えてるのになかなか着かない。
脚が自分の足ではなくなった感じの頃、ようやく下山です。

登り約8時間、下り約5時間。ひたすら歩いた感じ。
でも夜中登ったから行けたけど、朝から登ってたら、暑さでリタイヤしてるわきっと。
とにかく、登山口にある碑の通り。
試練とあこがれです。
60歳還暦の挑戦は、見事達成でした。

よく頑張りました。(笑)自分で自分を褒めてあげます。^^
a0276584_09112515.jpg

a0276584_09120464.jpg
たぶん、日帰り剱は、これが最後になると思います。^^
次行く時は、早月小屋に泊まって、ゆっくりと登ろう。と、心に決めました。(爆)



by JNPMI | 2018-08-03 09:16 | ’18年 四季燦燦 8月 | Trackback | Comments(8)
2017年 12月 26日

2017年 山行 締め。 sanpo

2017年の山行は、荒島岳から始まり、先日22日(金)冬の晴れ間、
お休みの1日を有効に活用して、今年、28座目の荒島岳で締めました。

天気予報は晴れマークしかありませんでしたが、
空は一面の雲、確実に晴れではなく、曇天。
でも、翌日はお天気下り坂なので、やっぱり行くしかない。^^
で、登山口に着くと先着の車が5台ほど。
ラッセルしなくていいと思うと、心は軽い。^^
登山届を出して、一歩足を踏み込んだところで、ずっぽり。ダメだこりゃ。
天気予報は̠マイナス5℃の予報でしたが、マイナス2℃程度。
やっぱり晴れてりゃ、放射冷却でキンキンに冷えて、つぼ足で途中まではいけるはずでしたが
曇天では、雪も締まらない。
車に戻って、スノーシューを履いて再出発です。
途中、1組のご夫婦に追いつき、「天気予報は晴れだったのに残念ですね。」
「これじゃぁ霧氷も見れませんね」等など、曇天を恨みながら一息ついて
お先に進みます。
シャクナゲ平の手前のブナ林辺りで、青空が見えてきた。
a0276584_09050971.jpg
a0276584_09054494.jpg
雪面に樹々のシルエットラインが、とても綺麗。
a0276584_09063874.jpg
シャクナゲ平への登りは、私の場合、ショートカットで進みます。(ラッセル跡はシャクナゲ平へ向かう)
シャクナゲ平から下りて来た地点に合流し、そこからちと怖いもちが壁を登り、高度を上げます。
うさぎさんの足跡を横目に登ります。
a0276584_09123819.jpg
白銀の世界を楽しみながら、先行の足跡をたどり、黙々と登ります。
a0276584_09161039.jpg
さらに、兎も高度を上げます。^^
a0276584_09175733.jpg
そして、大野の町を見下ろしながら、アイスブルーの壁を登ります。
a0276584_09192382.jpg
御嶽山も見えてきます。
a0276584_09211688.jpg
道中、クリスマスリースの様な樹氷の中に、白山を望む。^^
a0276584_09251001.jpg
そして、山頂。
a0276584_09275027.jpg
先に登った方々は、すでに下山して途中ですれ違ったので、
誰も居ない山頂、独り占めです。^^
白山を見ながら、カップ麺とバナナとサンドイッチ食べて、コーヒー飲んで
思いっきり絶景を満喫させて頂きました。^^
a0276584_09481162.jpg
山頂からは、厳しい風の跡、シュカブラや、御嶽、乗鞍岳も見れました。
a0276584_09463317.jpg
a0276584_09461658.jpg
a0276584_09465031.jpg
a0276584_09470863.jpg
山頂の景色を楽しんで、ゆっくり下山です。(結局、私の後からは、だぁれも登って来なかった。)
a0276584_09493919.jpg
下山も兎さんの足跡を見ながら景色を楽しんで下山です。
a0276584_09500293.jpg
a0276584_09503531.jpg
夕刻のアーベンロートに染まる経ヶ岳が、とても美しかったです。
a0276584_09583855.jpg
という事で、夕景も楽しんでから、今年最後の山行を終えました。
来年は、年間30座を目指しますか。
ま、体力も年と共に低下してますので、無理せず、楽しみたいと思います。^^

今日から3日間、どうやら爆弾低気圧で、大荒れになりそうです。
明日のフル勤は何事も無いように願うだけですねこれわ。^^

皆様も、不要不急の外出は避け、暖かくしてお過ごしください。^^




by JNPMI | 2017-12-26 10:04 | 12四季燦燦 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 21日

富士写ヶ岳&浄法寺山~南丈競山

冬になる前に、時間があれば、トレーニングがてらに
せっせと山歩きを楽しんでます。
1,000mクラスの地元の低山なので、勤務明けで
ちょっくら行ってくるかといった感じですかね。^^
今回も山行の記録です。^^

16日にお天気良かったので、富士写ヶ岳へ
大内峠登山口から登りますが、この山も、意外と急登なんです。
樹林帯の似たような景色の中をひたすら登り
a0276584_23485456.jpg
a0276584_23495022.jpg
a0276584_23504081.jpg
稜線に出て
a0276584_23543958.jpg
更に山頂に向かう
a0276584_23553978.jpg
山頂到着。コースタイム2時間を1時間12分で到着でした。
a0276584_23564770.jpg
a0276584_00124631.jpg
白山も綺麗に見えましたが、雪はかなり減ってました。
a0276584_00134633.jpg
コーヒーとラーメンだべて、一気に下山。
途中、フィルターとレンズキャップをポケットから落としたことに気づき
10分ほど登り返すロスがありましたが、52分で無事下山です。^^
a0276584_00172437.jpg
a0276584_00181400.jpg
a0276584_00183861.jpg

そして18日は浄法寺山から南丈競山への山歩き
まずは冠岳コースから登ります。ここもロープの点在する急登。
とりあえず冠岳まで34分。
a0276584_00243231.jpg
そこから、浄法寺山へ向かいます。
a0276584_00273944.jpg
らくだのこぶをピーク、コルを2つほど歩き
もうすでに晩秋の木立を抜け
a0276584_00390386.jpg
こんな看板に元気づけられ
a0276584_00395047.jpg
そして浄法寺山頂。コースタイム2時間に対し1時間16分で到着。
a0276584_00405703.jpg
ここでも白山を望むが、更に雪は無くなってる。
a0276584_00430617.jpg
16日に登った富士写ヶ岳と手前、目指す南丈競山の山小屋
a0276584_00444205.jpg
南丈競山に向かいます。
a0276584_00454677.jpg
a0276584_00470653.jpg
で、17分で山小屋に到着してちょいと休憩。
a0276584_00475883.jpg
a0276584_00491526.jpg
休憩の行動食は、この懐かしいバナナカステラ。^^
a0276584_00504610.jpg
山小屋から、火燈山、富士写ヶ岳をみて、下山です。
a0276584_00524522.jpg
a0276584_00535070.jpg
戻りはつつじヶ原コースで、高度を下げたら、やっと秋らしい景色となった。
a0276584_00580197.jpg
往復3時間6分でしたが、
スマホのバッテリーが途中で無くなっていて、ログも途中までの記録と
なっていた。
a0276584_01021916.jpg
a0276584_01024040.jpg
と、まぁ、山行の記録でした。^^





by JNPMI | 2016-11-21 01:04 | 四季燦燦11 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 01日

2月ですね。

1月は暖冬だと油断していたら
19日、25日と爆弾低気圧でドッカ~ンと雪が降りましたが
その後は、雨ばかり降って、すっかり雪もなくなっちゃいました。
でも今週末も、また雪マークがついているので、
北陸福井、やはり2月の雪は侮れません。
昨年か一昨年も爆弾低気圧がやってきて、
高速道路も含め、主要幹線道路は大雪で通行止めになっちゃって
陸の孤島となったのも、記憶に新しい所です。
油断なく、備えは万全に。
さて、先週28日は、出張で名古屋でしたが、
長浜や木之本の車窓から見る景色は、こちらより雪は多そうでした。
米原で新幹線に乗り換え、長良川を超えると
流石に雪は何処にもなく、名古屋に着くと、これはもう春ですね。
スカぁ~っと快晴で気持ちのいいスカイブルーの空。
完全防寒の身なりの私は、チト恥ずかしい感じ。^^
なんとも羨ましいお天気でした。

昨日は、珍しくいいお天気だったので
9時半勤務明けで、家に帰って着替えてから山に向かいました。
目的地は取立山。
勝山を抜け駐車場に着くと、満杯状態。
路肩に溢れた車は長~い行列で路駐。そうか、日曜なのか。どうりで。
土日は関係ない勤務の私は、曜日の感覚がない。(汗;
私は、いわなやの民宿を過ぎてUターンして反対側の路肩駐車の
最後尾へなんとか滑り込み、お昼12時に遅いスタートです。
さすがに、こんな時間に登るのは誰も居ないのか、
下りて来る方ばかり。
来る道中、綺麗に見えた白山も、登っている内に、西と東から雲が出て来て
山頂に着いた頃には、すっかり雲の中でした。残念。
しっかし、今年は雪が少ない。
いつもは冬道のショートカットで登る所も、雪が少ないので
結局、夏道をトレースする感じで、いつもは通らないルートを歩きました。
帰りは、今回履いて行った靴のサイズがちと大きかった為、
靴の中で足が遊んで、スノーシューで踏ん張った分、靴擦れで足の裏に
豆が出来て、それが破れてズル剥けで、下りは痛い痛いで下りてきました。
でもまぁ、今年最初の山行を楽しめました。^^

では、今年1発目の山行、取立山をまずは、スマホ画像から。
こんな林の中を歩いて行きます。
a0276584_1215768.jpg

途中、夏道はボーダーがショートカットで下りて来たためか
雪の塊が、雪崩の後のように落ちている。
a0276584_12162839.jpg

山頂向かって登ります。
a0276584_12171924.jpg

いよいよ山頂です。
a0276584_12191759.jpg

山頂にて振り返ると、勝山の平野部が見下ろせます。
a0276584_12195024.jpg

右には大長山が
a0276584_12201568.jpg

左は白峰方面
a0276584_12204211.jpg


ホント、今年は雪が少なく、いつもの巨大な雪庇も
今年は全くありませんでした。

続きまして、通常のカメラの画像を。
山頂の景色です。雨がよく降りましたので、雨が流れた跡か。
a0276584_12301423.jpg


a0276584_12314768.jpg


道中の雪景色も
a0276584_1234162.jpg

a0276584_12342121.jpg

a0276584_12344585.jpg


帰りは雲に覆われるが、光芒が綺麗でした。
a0276584_12383313.jpg


以上、2016年最初の山行 取立山でした。^^

さぁ、本日から2月です。
今月から、更にまた本人の意思とは関係なく業務が増えて参っちゃいますが、
無理せず頑張って行こうと思います。
まだまだ寒い時期が続きます。
皆さま、暖かくして風邪などひかうよう、(インフルも流行ってきている様で)
健康で楽しくお過ごしください。

by JNPMI | 2016-02-01 12:43 | 四季燦燦02 | Trackback | Comments(8)
2012年 09月 16日

白山、草紅葉始まる。

白山も上の方から草紅葉が始まってました。
お池巡りの道中、ちょっと秋の始まりを感じました。
血の池周辺
a0276584_1121574.jpg


室堂を見下ろしながら。奥は別山。
a0276584_11214076.jpg


南竜馬場からアルプス展望コースへの木道にて。
a0276584_11215432.jpg


山歩きはやっぱ、いいなぁ~。^^


ちなみに私の山具はこんな感じ。
a0276584_1824528.jpg

今回は⑱のロープとアセッション、⑲のハーネス、⑳のピッケルは必要無しで
それ以外の装備です。特に今回は、⑬のコンプレッションインナーに助けられました。
身体機能と運動機能を向上させるこれらのインナーは、疲労を軽減させてくれます。
こういうものはお高いけど、ちょいと身体的に不安があった私は、おかげで筋肉痛にも
ならずに、山行に行けました。^^どんどん進化してほしいアイテムです。(笑)

ちなみに番号の内容は下記の通り
①ザック②シュラフ③マット④テント⑤雨具⑥コッヘル・ガス・ストーブ・食料
⑦救急箱⑧緊急ポンチョ⑨簡易トイレ⑩水・ビタミン水⑪着替え・洗面道具・備品
ダウンパーカー・ヘッドライト2セット・行動食⑫カメラ2機⑬コンプレッションインナー
⑭帽子(お気に入りのバーグハウスのキャップ)⑮登山靴⑯ストック⑰三脚
⑱ロープ&アセッション⑲ハーネス&カラビナ⑳ピッケル

by JNPMI | 2012-09-16 11:29 | 四季の風景 9月 | Trackback | Comments(4)