四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:白山 ( 47 ) タグの人気記事


2019年 01月 07日

今年の初撮りは白山を

皆さま、新しい1年のお正月は、
楽しく過ごせましたでしょうか。

今年は、年号(和暦)も変わり、変動の1年となるのでしょうか。
(私の免許証の有効期限は平成35年の誕生日となっておりますけどね^^)

今年の箱根駅伝も、青学が破れ、しかも、往路優勝、復路優勝、総合優勝は
東洋、青学、東海とそれぞれが取るという複雑な形となりましたね。
しかしながら、相変わらず、見ているとついつい入り込んでしまいます。
スタート直後直ぐにこけたり、時間切れで繰り上げスタートや、複数人抜き等
ドラマは今年も沢山ありましたね。

また、高校サッカーでは、地元丸岡が、ベスト16まで行ったが、残念ながら
2点差をひっくり返され、あえなく逆転負けは、悔しかった。
春高バレーは、工大福井が男女ともベスト16に進んでおり期待大です。

そうそう、テニスの錦織選手、優勝スタートですね。

それからスキージャンプも小林選手、総合優勝とやりますね。
もうレジェンドがいつまでも頑張っているんじゃダメですから、若い連中が
ガンガン頑張って世界のトップに君臨してほしいものです。

今年は、ラグビーワールドカップもありますし、また、スポーツに熱くなる
1年となるのでしょうか。楽しみです。

さて、今年の初撮りは、やはり白山を狙わなくては、
と、4日の勤務明け、年寄りを病院へ送り届け、お天気最高なので、そのまま
白峰へ向かい、白山連峰を眺めに行って来ました。
a0276584_12213119.jpg
a0276584_12215346.jpg
そして、山の日没は早い。
a0276584_12332444.jpg
そして、アーベンロートの白山を楽しむ。
a0276584_12341565.jpg
三の峰も
a0276584_12362998.jpg
別山も
a0276584_12370842.jpg
後から登って来た方が作った雪だるも、使わせて頂きました。^^
白山バックに雪だるま一家を。^^
a0276584_12381961.jpg


by JNPMI | 2019-01-07 12:39 | ’19 四季燦燦 1月 | Trackback | Comments(7)
2018年 11月 21日

67回目の白山

11月20日。今年最後の白山へ出かけてきました。
今年5回目の白山は通算67回目の白山山行となりました。^^
真っ白だった白山も、暖かい日が続き、すっかり雪化粧も融けて
この時期の白山の姿では無くなって残念に思ってました。
しかし前日の雨降りは、きっと標高の高い山では雪になってるのでは?
かすかに期待しながら、朝食をとってから遅い出発で、白山へと向かいました。
7時半に家をでて、別当出合の駐車場に着いたのは9時10分過ぎ。
a0276584_12544764.jpg
流石に平日のシーズンオフ。車が居ません。
上の路肩に1台、そして別当出合の駐車場は私の車ともう1台だけ。
a0276584_12564556.jpg
9時半に別当出合を出発です。この時間で、日没までに帰れるかな。
山の日没は早いからね。
登山届を提出していざ出発。ですが、別当出合の橋は板が外され通行禁止となってます。
a0276584_13015888.jpg
ま、そんなわけで、急いでましたので。
中飯場まで、私の脚でいつも通り25分くらいで到着。
a0276584_13033816.jpg
そしてほぼ1時間くらいで、目安のダケカンバに到着。
また来たよ~と、いつもの通りこの木に挨拶ハグ。^^
a0276584_13054231.jpg
少し進んで、別当覗き辺りから足元に雪が出て来る。
a0276584_13081823.jpg
そこからしばらく進んで高度を上げていくと、雪景色となる。
a0276584_13095528.jpg
a0276584_13103565.jpg
そして1時間半で、甚之助避難小屋に到着です。
ここまでは、心地良いお天気でした。^^
a0276584_13114614.jpg
a0276584_13123510.jpg
この甚之助避難小屋にて、アイゼンを装着。更に防寒具を着て冬山対応実施。
そこから高度を上げ、エコーラインとの分岐に。
a0276584_13151278.jpg
ここで、1名、下山の方に出会う。
「こんにちは~」「ご苦労様です」
挨拶を交わし、上を目指す。
もしかしたら、このままだと、上に着く頃は、私一人だけかも。
そう思いながら、12曲がりへと向かう。
a0276584_13184968.jpg
a0276584_13190758.jpg
a0276584_13193077.jpg
a0276584_13195288.jpg
シシウドも凍る。
a0276584_13203447.jpg
そして黒ボコ岩到着。
a0276584_13211351.jpg
なんだか、雲行きが怪しくなってきました。
弥陀ヶ原は、思ったより積雪は少なかった。
白山山頂は、風が強そうでしかも雪降ってる感じ。
a0276584_13224211.jpg
五葉坂手前で振り返ると、やっぱり雲行きが怪しい。
帰りが気にかかる。
a0276584_13242248.jpg
五葉坂を登って、ほぼ3時間で室堂到着。
山頂は思いっきり吹雪いてる感じなので、山ランチで、身体を温めてから
登る事にする。
山小屋は、小屋閉めはとうに終わって、冬季閉鎖中なので、自炊小屋が
避難小屋になってるので、そこでお昼にしようと思ったが、ハシゴを登って
上の扉から入らないといけなそうなので、小屋の扉の前で風よけしながら
山ランチ。エビ天そばとおいなりさんに甘酒飲んで、身体を温める。
a0276584_13330731.jpg
山頂の風は相変わらず強そうで、雪雲に覆われているので、しばらく様子見。
でも、変わりそうにないので、登る事にする。
やはり、今、この段階で、ここにいるのは、どうやら私一人のようだ。
a0276584_13355020.jpg
室堂を振り返る。
a0276584_13363901.jpg
風がどんどん強くなる中、山頂へ向かう。
a0276584_13374039.jpg
白山奥宮へ到着して、無事の到着のお礼と無事の下山を祈る。
a0276584_13390665.jpg
そして山頂です。束の間の青空が。^^
a0276584_13394397.jpg
大汝峰方面。
a0276584_13412580.jpg
a0276584_13535635.jpg
振り返って奥宮方面。
a0276584_13421974.jpg
一応行って来たぞの証拠写真。
a0276584_13425260.jpg
あまり長居は無用な感じなので、時間の関係もあり、今回はお池巡りはパス。
室堂方面を見下ろすと、早く下山なしなきゃって思う。^^
a0276584_13454029.jpg
急いで下山です。^^
a0276584_13542021.jpg
室堂到着。室堂も雪が舞う。
a0276584_13545014.jpg
休まず、五葉坂を駆け下り弥陀ヶ原へ。
a0276584_13563564.jpg
a0276584_13565187.jpg
暗くなるまでに下りなきゃと急ぐ。
a0276584_13574438.jpg
いっきに甚之助迄駆け下り、ここでアイゼンを外す。
a0276584_13591424.jpg
雪がちらつく中をひたすら急ぐ。
目安のダケカンバに到着。またまたハグして、また来年と別れの挨拶。^^
a0276584_14011226.jpg
雪景色から晩秋の景色へと変わり、夕陽に染まる樹々がなかなか綺麗。
a0276584_14032229.jpg
a0276584_14034467.jpg
中飯場もスルーして高度下げていくと、夕陽と吊り橋が見えて来た。
a0276584_14051815.jpg
14時半に山頂を出て、なんとか16時半、日没前に別当出合い到着です。
a0276584_14064774.jpg
駐車場に着くと、淋しく私の車1台のみ、ポツンと私の帰りを待っていました。^^
a0276584_14075119.jpg
そして、家に向かうわけですが、帰りにいつものカフェに立ち寄る。
実は、山頂にて、白山の雪をお土産に持って帰ろうと、袋に詰めて来たのです。
山頂から2時間、そして登山口からカフェ迄2時間。
計4時間。雪は融けてないだろうかと心配だったが、
しっかり残ってました。
カフェで雪だるまを作ったら、大喜びでした。^^
白山山頂直送の雪で作った雪だるまです。^^
a0276584_14133581.jpg
という訳で、今年22座目の登山で5回目の白山、通算67回目の白山山行を
無事終える事が出来ました。^^
a0276584_14151322.jpg
a0276584_14152881.jpg
a0276584_14154827.jpg
a0276584_14160583.jpg




by JNPMI | 2018-11-21 14:16 | ’18年 四季燦燦 11月 | Trackback | Comments(6)
2018年 10月 24日

悔しいので赤兎山へ

前日、ゲートで入れてもらえなかったので(満杯で)
22日の月曜、休みにて、悔しかったので赤兎山に行って来ました。^^

さすがに、この日は駐車場に停める事が出来ました。
2日続けて山ランチだぁ。
紅葉の中を、気持ち良く山歩き。
大長、赤兎分岐の小原峠から、白山を覗き見る。^^
a0276584_23280575.jpg
a0276584_23283130.jpg
そこからいっきに山頂へ向かい、経ヶ岳方面の景色を堪能
a0276584_23342894.jpg
山頂から、山小屋、そしてその奥の白山展望の場所を目指す。
白山連峰を背景に、このロケーションが好きです。
a0276584_23362393.jpg
a0276584_23373821.jpg
赤池と大長山
a0276584_23383796.jpg
山小屋と別山方面
a0276584_23401197.jpg
そして、山の秋景色を見ながら山ランチです。
a0276584_23411633.jpg
三の峰の小屋も見えます。
a0276584_23423207.jpg
白山室堂の山小屋も
a0276584_23431510.jpg
御嶽も見えました。
a0276584_23434893.jpg
山ランチを楽しんだ後は、下山です。
紅葉の登山道を気持ちよく。^^
a0276584_23450265.jpg
a0276584_23452695.jpg
a0276584_23454653.jpg
a0276584_23460888.jpg
a0276584_23464678.jpg
この日で、紅葉は1100m~1170m辺りが、紅葉真っ盛りでした。
紅葉はどんどん下りて来てます。
気持ち良い山歩き&山ランチ。
やっぱり山に居る時が、最高の時間です。^^
と、いうことで、日曜のリベンジの赤兎山でした。^^
a0276584_23505686.jpg
a0276584_23511777.jpg
a0276584_23513538.jpg
a0276584_23515750.jpg



by JNPMI | 2018-10-24 23:52 | ’18年 四季燦燦 10月 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 24日

66回目の白山

10/15 今年4回目で66回目の白山に行って来ました。
更新が遅れて、今頃ですが^^;
相変わらず、夜中に登り日の出に向かいます・
2:30分頃、別当出合を出て、5:50山頂着。

残念ながら、すっかり曇り空。
ご来光も望めず、しかも、めっちゃ寒かった。
劔、立山、薬師方面
a0276584_21315343.jpg
槍、穂高方面
a0276584_21234572.jpg
乗鞍方面
a0276584_21232517.jpg
御嶽方面
a0276584_21230672.jpg
山頂から紺屋ヶ池を見下ろす。
a0276584_21245980.jpg
結局、雲ばかりで、風も強く寒いだけ。
気が付きゃ、そこに居るのは私だけ、(汗;
ただ、別山方面は、いい感じの雲が。^^
a0276584_21343078.jpg
滝雲化してました。
a0276584_21364652.jpg
ずっといても、寒いだけなので、甘酒飲んで、カップ麺食べて
多少温まって下山です。
a0276584_21384530.jpg
a0276584_21391971.jpg
南竜馬場方面
a0276584_21402484.jpg
紅葉の登山道を下りるが、やはり雲天なので紅葉もパッとしない。
a0276584_21413940.jpg
a0276584_21420390.jpg
別当谷のダケカンバの森も光が入ればもっと綺麗だったかも。
a0276584_21422390.jpg
こんな感じで、
66回目のはくさんでした。^^
a0276584_22203238.jpg
a0276584_22205173.jpg
a0276584_22212278.jpg


by JNPMI | 2018-10-24 21:46 | ’18年 四季燦燦 10月 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 01日

65回目の白山

先日、9月28日、台風が来る前の、晴れの日。
ちょうど休みと重なって、こりぁ行くしかない!と、
白山に行って来ました。^^
勤務明けで、しっかり日中寝ておいて、夜中に起き出し
別当出合いへ向かう。
ちょっと寝坊して、別当出合いを、夜中2時半出発。

65回目の白山です。

ヘッデンと月明りで、一人黙々と登る。
さだまさしの、「空になる」を口ずさみながら^^
私の脚で室堂まで途中、甚之助で休憩しながら3時間かかります。
室堂から山頂御前峰までは、20分はかかりますので、
日の出の5時45分には、どうも間に合いそうもありません。
5時半に室堂に到着し、山頂は後回しにして、平瀬道とアルプス展望コースの
分岐へと向かう。
平瀬道からでも、アルプスからの日の出が見れるためだ。
ギリギリ、乗鞍岳からのご来光に間に合った。^^
a0276584_14415398.jpg
a0276584_14420988.jpg
a0276584_14425177.jpg
この日はとにかく寒かった。
気温は1℃くらい。でも、強風で、グングン身体から体温を奪っていく。
防寒対策はしていったが、めっちゃ寒かったです。
この後、室堂の小屋に急いで走り込んで、ストーブの前で温まりました。
a0276584_14453863.jpg
a0276584_14455241.jpg
a0276584_14462022.jpg
でも、いい朝でしたよ。^^
別山とナナカマド。秋化粧です。
a0276584_15065153.jpg
体温を戻してから、改めて、山頂、御前峰へ。そこからお池巡りコースを楽しむ。

山頂から北アルプスを一望
a0276584_14482878.jpg
別山、室堂方面を見下ろす。
a0276584_14495160.jpg
山頂にて65回目の記念の1枚を。
a0276584_14525252.jpg
そしてお池巡りへ向かう。
a0276584_14535202.jpg
a0276584_14540750.jpg
翠ヶ池の残雪ももうちょっとだけ。
a0276584_14544030.jpg
翠ヶ池の向こうに、劔・立山。
a0276584_15045839.jpg
千蛇が池の万年雪は、まだしっかりありました。
a0276584_15052637.jpg
お池巡りのあと室堂に戻ります。
a0276584_15102071.jpg
室堂に着いたら、急いで下山です。
弥陀ヶ原の秋景色を楽しみながら。
a0276584_15121813.jpg
a0276584_15125301.jpg
a0276584_15132705.jpg
中間地点のダケカンバで一休み。
a0276584_15152024.jpg
と、いう訳で、夜中の2時半からお昼の12時までの山歩き。
65回目の白山も無事、楽しめました。
また、10月も行こうかな。^^
a0276584_15171991.jpg
a0276584_15180635.jpg
a0276584_15185196.jpg
a0276584_15205958.jpg


by JNPMI | 2018-10-01 15:21 | ’18年 四季燦燦 9月 | Trackback | Comments(6)
2018年 08月 21日

64回目の白山

今日は特別休暇で、身体休め。
昨日、白山へ行って来ました。
64回目の白山です。
勤務明けで仮眠して、その夜、1時30分に別当出合から登る。

月は沈んだのか、空は満天の星空のみ。ヘッデンと星明りで登る。

黙々と登るが、夜中なのに、山なのに、時折吹く風は生温かい。
暑いのが苦手で、夜中に登ってるのに、なぁんてこった。

途中、甚之助避難小屋で休憩して、4時30分室堂到着です。
そのまま山頂へ向かうが、やたら人が多い。
そうか、まだ夏休みの最中か。おこちゃまもいっぱい。^^
気が付けば私の後ろには、白山奥宮の神主さまではありませんか。
で、5時山頂到着。
日の出はほぼ槍の後ろからの様ですが、雲があり、薄っすらと雲間からの
日の出となりました。
日の出前の5分間ほど、神主さまからの白山のお話があり
(白山は4つの県に水を供給している等、またズラり並んだ北アルプスの
山の名前等ありがたいお話)その後、日の出と共に山頂にいる全員で
万歳三唱(これが白山ならではの日の出のひと時^^)で盛り上がる。

その後、私は、カップラーメンとバナナとコーヒーで、山頂からの
景色を眺めながらの朝食タイム。
雲が上から谷へとまるで天女の羽衣が舞い降りるがごとく
ドラマティックな光景を楽しみながら、お池巡りへと移動。
チングルマももうこの時期では綿毛になって、それはそれで美しい。

お池巡りから室堂へ戻り、下山前に焼きそばパンとバナナで小腹を満たし
下山です。
帰りはエコーラインを特急で降りてきました。

お昼12時には、家に帰ってひと風呂あびて昼飯食ってました。^^
また、来月、65回目の白山へ行こうと思います。^^

今回の山行
a0276584_13510218.jpg
a0276584_13533268.jpg
a0276584_13544318.jpg
では日の出の頃のドラマティックな雲のベールのシーンから。

a0276584_13570257.jpg
a0276584_13573362.jpg
a0276584_13580176.jpg
a0276584_13582120.jpg
その後、お池巡りへ向かう前、山頂にて(スマホから)
a0276584_14001068.jpg
a0276584_14005430.jpg
翠が池にはまだ雪が残ってました。
a0276584_14015183.jpg
a0276584_10234513.jpg
チングルマも綿毛に
a0276584_14033642.jpg
a0276584_14040728.jpg
a0276584_14063086.jpg
今年の夏の暑さに、千蛇が池の万年雪が解けていない心配でしたが
しっかり、残ってました。
そのわきに咲く岩桔梗がいい感じ^^
a0276584_14085030.jpg
そして室堂へ戻る道中、別山は雲に覆われる。
a0276584_14095258.jpg
室堂、白山奥宮の前のベンチで小腹を満たして下山。
a0276584_14111428.jpg
下山時は、ミストシャワーの中を黙々と急ぐ。
甚之助小屋辺りで雨となる。
駐車場に到着し帰りの道中は青空が見え隠れ。
でも、山はすっかり雲に覆われていました。
以上、64回目の白山山行でした。
やっぱり白山は大好きです。^^






by JNPMI | 2018-08-21 14:16 | ’18年 四季燦燦 8月 | Trackback | Comments(4)
2018年 06月 06日

やっと白山へ

なかなかタイミングもなく、余裕も無く、山に行く機会があまりないまま
今年は30座を目指していたが、さっぱり行けてないまま、6月になって
しまいましたが、日曜、今年6座目として、やっと白山へ出かける事が出来ました。^^

夜中、3時半に家を出て、別当出合いの駐車場へ。
意外と空いていて、すんなり駐車できました。
着替えて、朝食を済ませ、5時40分頃に駐車場を出て、別当出合いの休憩舎にて
登山届を出して、出発です。
別当覗きの手前、2本のダケカンバの辺りから、残雪の中を歩く形となります。
甚之助小屋で、別山を見ながら休憩。
a0276584_10062850.jpg
今年は里は、大雪でしたが、白山は昨年より雪は少ない感じです。
十二曲がり辺りは、昨年はずっと雪の上を歩いたが、今年は、すっかり階段が出ていた。
延命水も相変わらずちょろちょろと出ている。
1回飲んだら、1年寿命が延びるとか言われているが、もう60回以上白山には来ている
ので、そのたびに飲んでるから、120歳越えちゃうよ~。^^
室堂は、ベンチが出ていて、雪に埋もれてなかったので、やはり少ない感じ。
神社でお参りして山頂へ。
山頂にて、雲が多く北アルプスも日本海も見えないので、昼食とお昼寝してお池巡りへ。
a0276584_10232097.jpg
a0276584_10240533.jpg
a0276584_10243442.jpg
白山にて、ひとり還暦を祝う。(笑)
もうプロフ写真のように、白山で飛べません(爆)

御前峰から下って、お池巡りへと進む。

a0276584_10321481.jpg

油が池にて。
a0276584_10302129.jpg
a0276584_10330872.jpg
紺屋ヶ池は雪の下。そしてクレパス。
a0276584_10344473.jpg
a0276584_10345971.jpg
大汝へと向かう。
a0276584_10355199.jpg
道中、翠ヶ池が面白い。
a0276584_10365478.jpg
a0276584_10371266.jpg
御前峰を振り帰れば。
a0276584_10381061.jpg
そのあと、室堂へむかう道中、別山がかっこいい。
a0276584_10391430.jpg
そして、室堂へのルートをパスして、いつもは歩けないが雪なので
ショートカットで弥陀ヶ原へ。
a0276584_10422829.jpg
と、言う事で、今年、1回目の白山を楽しんで来ました。
次は、いつ山にいけるやら。





by JNPMI | 2018-06-06 10:44 | ’18年 四季燦燦 6月 | Trackback | Comments(12)
2017年 12月 08日

冬晴れに富士写ヶ岳へ

7日の昨日は勤務明けの休みだったのですが、
天気予報では、曇りと雪だるまのマークしか並んでなかったのに
朝から、まさかの快晴。
遅めの朝食とって、外に出てみれば、山の上部は霧氷らしく綺麗。
これは富士写ヶ岳か浄法寺山にでも行って、白山を見ながら昼食ってのも
悪くないな。と、思ったら即、行動。
山行の体制へ着替えて、カップ麺と行動食、そして水分を1リットルほど
ザックに放り込んで、いざ山へ。
道中で、行先を富士写ヶ岳へ決定。(近い方へ)
丸岡竹田に入ると、路肩には雪が。
竹田から山中に抜けて行く道は、もうすっかり冬道の轍だ。
竹田のトンネルを抜けて、すぐに大内峠へ脇道に入るが、
かなり雪があり、車のあとは轍が1本。
駐車場に入ると、真っ白なキャンパス。
だぁれも居ません。私の車の跡だけがしっかり円を描く。^^
ザックを背負い大内コースを登ります。
さすがに平日、足跡もなく未踏の尾根を、ひたすら一人ラッセルです。
行く手には白い雪に落ち葉が綺麗でした。
a0276584_12514924.jpg
a0276584_12532243.jpg
途中、イノシシのラッセルと並行して歩く。
a0276584_12543835.jpg
雪の稜線を、黙々と歩きます。
a0276584_12570319.jpg
中間地点を過ぎ、しばらく歩くと、視界が広がります。
我が家はどの辺りかな、なんて思いながら、水分補給です。
a0276584_12581603.jpg
歩いて来た私の足跡が残って行きます。
a0276584_12584618.jpg
そして、もうひと踏ん張りして、山頂へ着くと白山が視界に飛び込んで来ます。
a0276584_13061047.jpg
a0276584_13063258.jpg
a0276584_20381888.jpg
反対側は北潟湖、そして日本海。
a0276584_20394065.jpg
先着の方が居た形跡はあるが、誰も居ません。
我谷の方から登って来たのでしょう。
白山を見ながら、てんぷらそばとバナナ、そして小倉ホイップの昼食です。
そうこうしていたら、1名、我谷の方からやって来ました。
「いいお天気で、最高ですね。」
「そうですね。しかし、意外に雪、多かった。」
「そうやね、思いのほか、ありますね。」
「ところで、あんた何処から来た?」
「あ、私?、三国の方から。お宅は何処から?」
「山中からだけど。って、ちゃうがな。何処から登って来たの?
 途中、下りて来た人は上にはもう誰も居ないって言ってたから。
 もしかして、大内から来たの。」
「ええ、大内から登ってきましたよ。」
「足跡無かったんちゃう。」
「ええ、黙々と一人ラッセルですわ。途中、イノシシのラッセルに先行されましたけど。」
「私、何度か冬に来てるけど、そんなとこから来た人、見た事ないわ。」
「そうなんすか。マジで。・・・」苦笑^^;
と、言うわけで、次回は我谷コースで登ろ。^^
巻雲たなびく空に、雪景色の白山連峰がとても綺麗でした。
a0276584_13214558.jpg
a0276584_13221385.jpg
「帰りは何処から?」
「もちろん、来た道を。だって車が下にあるからね。では、お先に。」
「気を付けて」
ということで、綺麗な雲が出て来たところで、下山です。
こういった雲は上空が結構荒れているのでしょう。必ずお天気が悪くなるので
急いで下山です。
登って来る時に、しっかり踏み込んで固めて来てるので(時間をかけて)、しかも
自分の足跡だけなので、自分の歩幅で歩けるので、快調に下山です。
空は案の定、直ぐに西から雲が広がって、青空を覆ってしまいました。
a0276584_20414290.jpg
駐車場に着く頃には、どうも雲行きが怪し感じ。
家に到着すると、あんなにいい天気だったのに、しばらくして雨降りとなりました。
これで、今年27座目の山行となりました。^^
これからしばらく、天気予報は雪だるまマークが並びます。
いい休日となりました。^^

ログデータは以下の通り。
a0276584_20470319.jpg
a0276584_20473873.jpg



by JNPMI | 2017-12-08 13:30 | 12四季燦燦 | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 04日

冬の夕陽と雪灯り白山

鉛色が常の北陸の冬。貴重な冬の晴れ間、勤務明けの土曜、
仮眠後に夕刻、夕陽を楽しみに海へ。
荒磯遊歩道の入り口、海辺へ下りて夕陽を狙う。
a0276584_21084411.jpg
a0276584_21093401.jpg
a0276584_21102438.jpg
a0276584_21111074.jpg
夕陽が沈んだ後は、すぐさまエッセル提へ走る。
小焼けに染まる水面もなかなか情緒があって綺麗。
a0276584_21123599.jpg
エッセル提を進み、振り返れば、月が顔を見せる。
漁港の上には、龍翔館と白山が。
a0276584_21171151.jpg

冠雪の白山は、陽が沈んだ後も雪灯りか、白く浮かんで見えて、とても綺麗でした。
a0276584_21191360.jpg

さぁいよいよ天気予報には雪だるまが並びだしました。
今週は水曜、そして土曜日からは気温も低く、雪だるまマークが続いております。
やっと入れ替えた冬タイヤが活躍する日も近い。^^
(出来れば、活躍せずに過ぎるに越したことはないのだけれど。)






by JNPMI | 2017-12-04 21:23 | 12四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 13日

白き山、白山へ。

11月1日、白山へ行ってきました。
今年7回目の白山です。^^
冷え込んだ朝で、白山はもうその名の通り白き山となっていたので
いつものように夜に登るのはリスク高まるので
日の出と共に出発です。
甚之助小屋から先は、雪の登山道なのですが、
これが雪とは言ううものの、いわゆるアイスバーン状態。
冬の凍結路で、轍がバリバリの固いアイスバーン状態をイメージしてもらうと
いちばん近い状態か。
十二曲がりの石畳の階段は、これまた透明の氷状態。
どこに足を下ろすか、良く見極めながら一歩ずつ、まぁめっちゃビビりながら
「デンジャー!デンジャー!」って叫びながら登りました。
ちなみに甚之助避難小屋は、この日、最終の小屋締めをしてました。
室堂について、ほっと一息。
ここももう小屋締めは終わっていて、自炊小屋だけが、休憩として使えます。
ベンチもテーブルもすっかり片付けられて、ゆっくり休む感じではないので
とりあえず山頂に向かいます。
途中、高天原辺りから振り返り、室堂の状況を1枚。
a0276584_11501727.jpg
山頂御前峰の白山奥宮にて、山行の無事をお祈りしてから1枚。
a0276584_12162537.jpg
この日も北アルプスの峰々が、気持ち良く見えました。
a0276584_12202638.jpg
白馬三山、剱岳、別山、立山方面。
a0276584_12225671.jpg
槍、穂高。
a0276584_12235579.jpg
山頂から、大汝峰、油ヶ池、紺屋ヶ池、剣ヶ峰方面。
a0276584_12301212.jpg
そして、お池巡りの、翠ヶ池と奥に三方崩山、その奥に北アルプスの絶景。
(この写真は、NHK福井のニュースザウルスふくいで放送されたそうです。
 私は仕事中にて見てなかった。^^)
a0276584_12355315.jpg
剣ヶ峰と御前峰方面。
a0276584_12461058.jpg
もう冬の様相です。雪景色なんだけど、バッリバリの氷状態でツルッツルで
でも、この凍結した雪の上で、よう遊ばせて頂きました。^^
a0276584_12472172.jpg
a0276584_12493156.jpg
真っ白に凍結した血の池と、秋空に映える剣ヶ峰。

a0276584_12505567.jpg
室堂への戻り、別山方面。
a0276584_12562132.jpg
下山時に、何が光ってるのかと思ったら、海が黄金色に輝いてました。
a0276584_12584103.jpg
という事で、雪景色の白山を楽しませて頂きました。
白山開山1300年の今年、7回の登山で、四季折々の景色を楽しませて頂きました。
また来年、楽しく白山山行が出来ればと思います。


追記
なかなかBlogの更新が出来てなくて、まとめてアップとなりますので
ご了承ください。^^/



by JNPMI | 2017-11-13 13:06 | 11四季燦燦 | Trackback | Comments(0)