人気ブログランキング |

四季燦燦 癒し系~^^かも風景写真

jnpmi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:荒島岳 ( 6 ) タグの人気記事


2019年 02月 20日

再び荒島岳へ

15日の金曜、前日の天気予報では、午前中晴れ予報。
そして、奥越の朝は放射冷却で氷点下5℃の気温予報。
よし!休みだし、荒島岳に霧氷を撮りに行こう。
そう決めて、早起きして、荒島岳に。
ところが、どうした事だ。登山口に雪が無い。
回りを見渡しても山も白く無い。
a0276584_08532539.jpg
気温は低いが、霧氷の花は皆無。
しかも、空は晴れどころか雲が支配。天気予報、当たんねぇ~。残念。

どうしようか迷う。取立~鉢伏の方へ行こうか、しかし
この状態だと、やっぱり雪、無いかも知れないし。
そうこう車の中で悩んで知ると、車が1台、2台とやって来て
しばし様子をみて登って行くではないか。
そうだな、自宅からちらりと見える荒島岳の頭は白かった。
上に行けは雪景色だろう。
そう思い、急いで準備し先行の2組の後を追う。
上の登山口の前に先行の2組をお先に失礼して、登る。
シャクナゲ平を越えれば、やっと冬山らしくなってくるが、それでも
少ない雪だ。もちが壁を越えると、霧氷の樹々の奥に白山が見えて来るのだが
残念ながら、鉛色の雲がズ~ンと居座る。
a0276584_09001744.jpg
更に高度を上げていくと、アイスバーンの上に薄っすら積もった雪が舞い上がり
瞬間的にホワイトアウトなったり、場所によって一人ラッセルの場所あり
徐々に冬山となって行く。
a0276584_09083729.jpg
a0276584_09100382.jpg
a0276584_09113139.jpg
そして山頂に着くと、めっちゃ風が強くめっちゃ寒い。
a0276584_09185988.jpg
スコップも今回は持ってこなかったので、寒すぎて身体が冷えすぎちゃうので、
山ランチも出来そうになく、撮影だけ済ませて、下山途中で山ランチに切り替える。
写真は、束の間の晴れ間があって、その間に景色を撮ってましたが、指先から痛くなって
そこそこに退散です。
山頂の祠は、1月の状態から、かなり姿を認識できる状態なっていて、
やはりこの時期にして、祠がしっかり出て来るなんて、暖冬なんだなと改めて実感です。
a0276584_09183940.jpg
a0276584_09193072.jpg
シュカブラも楽しめました。
a0276584_09220721.jpg
スポットの入った雪波も綺麗でした。
a0276584_09233795.jpg
下山時、はめていたチェーンスパイクを片方、落としてきたことに気づき、
(やたら滑るなぁと思い見れば片方が無い事に気づく)だいぶ下りた途中から登り返して、
なんともアンポンタンな私でした。
a0276584_09261179.jpg
画像右下角に、落としたチャーンスパイクが映っているが、この時、気が付いていれば
だいぶ下りてから、登り返すなんてことはしなくて済んだはずだった。(汗;

下山途中に後続者がやって来て、ちょとホッとする。
まぁ誰も居ない山頂を独り占め出来たので、寒いけど楽しかったが、
雪山に一人は、良くも悪くもありますので、この後、数組に出会えてよかったです。^^
a0276584_09351260.jpg
高度を下げて来ると、白山も姿を見せてくれました。
a0276584_09330622.jpg
a0276584_09393941.jpg
この後は、いっきに登山口までノンストップで下山。
結局、駐車場にて、車の中で持って来た昼ランチを食べる形となりました。

昨年末に痛めた左肩は未だ完治せず、通院中ですが、今回の山行にはさほど
影響なく、無事、今年5座の山行を終える事が出来ました。^^

現在、休みは、身内の病院と自分の病院(治療&リハビリ)を行ったり来たりで
なかなか自分の時間が持てなくて、結構フラストレーションが溜まっていましたが
今回の山行で、かなり心も身体もリフレッシュ出来た感あり。
やっぱり山は、自然はいいです。行き返る~^^/



by JNPMI | 2019-02-20 09:49 | ’19 四季燦燦 2月 | Trackback | Comments(4)
2019年 01月 20日

荒島岳 冬の山行

19日、年休を取っていて、ゆったりまったりしようと
のんびり寝ていたら、どうも外はいい天気の雰囲気。
外を見れば、天気予報とは裏腹に、めっちゃいいお天気ではないか。
慌てて支度して、ちょいと遅いスタートだが、荒島岳に向かう。
もう少し近いといいんだけど、ちょっとが遠い。
登山届を出して、登り始めたのが10時40分。
5分ほど登って気が付く。
手袋忘れてる。(マイナス20度対応耐油手袋)
車に戻って、再スタート。何やってんだか。
山頂までお天気もつかな。
登って行くと、下山の方々に幾度となく出会う。
まぁそんな時間だ。
それにしても、驚いたのはトトロの木が倒木していた事。ちょいと残念。
a0276584_14545909.jpg
雪はやはり少ない。ただ、ラッセルのあとがしっかりあるので
ツボ足でいけるので、結構楽。
a0276584_14553141.jpg
a0276584_14534641.jpg
シャクナゲ平は、登りがきついので、私はいつも冬はショートカット。
スノーシューを装着して、勝手に楽ちんコース。
もちが壁を行くと、霧氷のブナの森を抜けて行く。
既にお天気は、怪しくなってきた。
a0276584_13440501.jpg
a0276584_13443468.jpg
a0276584_13453403.jpg
途中から、再び晴れて来た。
青空バックに樹氷のブナ林は綺麗だ。
a0276584_13464388.jpg
少しずつ高度を上げて行くと、もうそこは真冬の世界。
a0276584_13480904.jpg
a0276584_13490612.jpg
最後にすれ違った単独山ガール。
a0276584_14213527.jpg
更に高度を上げ、荒島岳のモンスターを抜ける。
a0276584_13503569.jpg
更に高度を上げると、山頂はもうすぐ。
a0276584_14235327.jpg
そして山頂。誰も居ない。山頂独り占め^^
北の友が逝って6度目の冬。
空に近い所で、友の好きだった雪景色と共に悼む。
a0276584_14244114.jpg
やはり雪は少ない。
いつもなら祠は雪の下だが、今年はその姿はモンスターと化していた。
a0276584_14264041.jpg
毎年、冬の荒島岳は、美しいシュカブラを狙って登る訳ですが、
今年は雪があまりにも少ないので、諦めていたが、
流石に単独峰、山頂では、美しいシュカブラを楽しめました。^^
a0276584_14291176.jpg
a0276584_14293500.jpg
シュカブラを楽しんだ後、遅い昼飯を食べようと思って、おにぎり一個を食べた所で
ドンドン怪しい雲が迫って来たので、慌てて下山です。
道中、壁の斜面で、水筒を拾う。
きっと最後にすれ違った単独山ガールのモノだろう。
山頂で撮影で時間を要していたから、追い付かないかも知れないが
とりあえず、怪しい雲も迫って来るので、特急で下山。
下りもシャクナゲ平はショートカットでパスして、頑張って下る。
倒木したトトロの木を過ぎた辺りで、やっと追い付く。
水筒を届けると、とっても美人さんの山ガールでした。
あとはゆっくり下山です。
でも飛ばし過ぎたのか、かなり膝にきていました。
しかしながら山ガールの手前、空元気で、
では、お先にぃ~
と、脚をひきずりながらも、またひたすらノンストップで
駐車場まで降りてきました。
そして今日は言うまでも無く、筋肉痛でシップの香りをプンプンさせております。^^



by JNPMI | 2019-01-20 15:04 | ’19 四季燦燦 1月 | Trackback | Comments(4)
2017年 12月 26日

2017年 山行 締め。 sanpo

2017年の山行は、荒島岳から始まり、先日22日(金)冬の晴れ間、
お休みの1日を有効に活用して、今年、28座目の荒島岳で締めました。

天気予報は晴れマークしかありませんでしたが、
空は一面の雲、確実に晴れではなく、曇天。
でも、翌日はお天気下り坂なので、やっぱり行くしかない。^^
で、登山口に着くと先着の車が5台ほど。
ラッセルしなくていいと思うと、心は軽い。^^
登山届を出して、一歩足を踏み込んだところで、ずっぽり。ダメだこりゃ。
天気予報は̠マイナス5℃の予報でしたが、マイナス2℃程度。
やっぱり晴れてりゃ、放射冷却でキンキンに冷えて、つぼ足で途中まではいけるはずでしたが
曇天では、雪も締まらない。
車に戻って、スノーシューを履いて再出発です。
途中、1組のご夫婦に追いつき、「天気予報は晴れだったのに残念ですね。」
「これじゃぁ霧氷も見れませんね」等など、曇天を恨みながら一息ついて
お先に進みます。
シャクナゲ平の手前のブナ林辺りで、青空が見えてきた。
a0276584_09050971.jpg
a0276584_09054494.jpg
雪面に樹々のシルエットラインが、とても綺麗。
a0276584_09063874.jpg
シャクナゲ平への登りは、私の場合、ショートカットで進みます。(ラッセル跡はシャクナゲ平へ向かう)
シャクナゲ平から下りて来た地点に合流し、そこからちと怖いもちが壁を登り、高度を上げます。
うさぎさんの足跡を横目に登ります。
a0276584_09123819.jpg
白銀の世界を楽しみながら、先行の足跡をたどり、黙々と登ります。
a0276584_09161039.jpg
さらに、兎も高度を上げます。^^
a0276584_09175733.jpg
そして、大野の町を見下ろしながら、アイスブルーの壁を登ります。
a0276584_09192382.jpg
御嶽山も見えてきます。
a0276584_09211688.jpg
道中、クリスマスリースの様な樹氷の中に、白山を望む。^^
a0276584_09251001.jpg
そして、山頂。
a0276584_09275027.jpg
先に登った方々は、すでに下山して途中ですれ違ったので、
誰も居ない山頂、独り占めです。^^
白山を見ながら、カップ麺とバナナとサンドイッチ食べて、コーヒー飲んで
思いっきり絶景を満喫させて頂きました。^^
a0276584_09481162.jpg
山頂からは、厳しい風の跡、シュカブラや、御嶽、乗鞍岳も見れました。
a0276584_09463317.jpg
a0276584_09461658.jpg
a0276584_09465031.jpg
a0276584_09470863.jpg
山頂の景色を楽しんで、ゆっくり下山です。(結局、私の後からは、だぁれも登って来なかった。)
a0276584_09493919.jpg
下山も兎さんの足跡を見ながら景色を楽しんで下山です。
a0276584_09500293.jpg
a0276584_09503531.jpg
夕刻のアーベンロートに染まる経ヶ岳が、とても美しかったです。
a0276584_09583855.jpg
という事で、夕景も楽しんでから、今年最後の山行を終えました。
来年は、年間30座を目指しますか。
ま、体力も年と共に低下してますので、無理せず、楽しみたいと思います。^^

今日から3日間、どうやら爆弾低気圧で、大荒れになりそうです。
明日のフル勤は何事も無いように願うだけですねこれわ。^^

皆様も、不要不急の外出は避け、暖かくしてお過ごしください。^^




by JNPMI | 2017-12-26 10:04 | 12四季燦燦 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 29日

山も暑かったぁ^^

山に行けば、暑さをしのげると思ったら大間違い。
山も暑かったぁ~!
今日は、朝から晴天予報だったが、イマイチもやぁ~っとした朝。
荒島岳に登ってこようと、土日の仕事の時から思ってたので
ちょいと遅い出発となったが、出かけてきました。
しっかし、暑かった。
それに、もやぁ~っ霞んだ空は、白山も薄っすらとしか見えず。残念。
まぁ、森の中、森林浴は楽しめたし、山歩きも楽しめたので、ヨシとしましょ。^^

勝原スキー場跡から登りますが、登山口までが、けっこうキツイ。
登山口からは、樹林帯をシャクナゲ平までひたすら登りますが、
道中のブナが、疲れを癒してくれます。^^
a0276584_22072812.jpg
登山路は、木の根の階段。
a0276584_22085984.jpg
しばらく進むと、トトロの木なる樹が現われる。
a0276584_22100028.jpg
木の根の階段は続く^^
a0276584_22113083.jpg
a0276584_22120086.jpg
その後、ホントの階段が続きます。
a0276584_22123215.jpg
ひたすら登りです。
a0276584_22132004.jpg
そして、中間地点のしゃくなげ平に到着です。
a0276584_22172896.jpg
ここから一旦、コルへ下って、尾根沿いをまたひたすら登ります。
道中、振り返ると、大野盆地の麦田が、パッチワークみたいで綺麗でした。^^
a0276584_22204507.jpg
そして、冬はシュカブラの壁になる斜面を登り
a0276584_22233397.jpg
最後の登りを過ぎれば山頂です。
a0276584_22245091.jpg
今回は2時間17分の登りのタイムでした。^^
a0276584_22254346.jpg
a0276584_22261022.jpg
山頂は沢山の人だったので、そこから幻の大樽コースの方まで尾根沿いをちょいとだけ進んで、
風の涼しい場所で食事タイムとしようと思ってザックを下ろそうとしたら、
なんと蛇を踏んづけちゃった。
こっちは飛び上がって驚いたが、蛇も驚いた。慌てて笹薮の斜面に逃げて行きました。
a0276584_22304477.jpg
ちょうど上の写真の真ん中の登山道を登り切った当たりでした。
気分悪いので、荒島岳山頂に戻ってコーヒー飲んで、カップラーメン食べようと思ったら
箸忘れた。そんなにお腹もすいてないので、バナナとシュークリームとアミノバイタルゼリーを
食べて、下山です。
今回も下りは特急です。^^
道中のブナ林は森林浴を楽しみましたよ。^^
a0276584_22412310.jpg
下りは1時間28分でした。^^それにしても暑かった。
a0276584_22414904.jpg
今回のDATAも添付。
a0276584_22425538.jpg
a0276584_22434027.jpg
a0276584_22440973.jpg
さ、また明日も仕事、頑張ろ!







by JNPMI | 2017-05-29 22:45 | 05四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2017年 01月 31日

なんだか冬と思えない感じ

先週、あまりにも良いお天気なので、山に行ってきました。^^
荒島岳冬山登山を楽しんで来ました。^^
景色が美し過ぎて、写真撮りまくりで、ゆっくりと冬山を堪能して
来ましたが、やはり例年より雪は少なかったですね。
百名山荒島岳の標識も山頂の祠もまだ姿が確認できましたから。
例年ならすべて雪の下になってるのでね。
では、荒島岳登山記という事で、道中や山頂の景色をご覧ください。^^

勝原スキー場跡を登って、振り返れば越前甲や大日を奥越の奥に
遠くに見ながら。
ここからいよいよ登山道です。
a0276584_14040925.jpg
ブナの森を登っていきます
a0276584_14074139.jpg
a0276584_14083160.jpg
a0276584_14085793.jpg
a0276584_14092399.jpg
ずっとこういった中をひたすらラッセルです。^^;
a0276584_14104112.jpg
高度が上がると、白山が見えてきます。^^
a0276584_14113337.jpg
樹氷ブナ林をぬって登っていきます。
a0276584_14124710.jpg
どこを見ても自然の美しさに魅了されます。^^
a0276584_14134570.jpg
奥越の景色を俯瞰する。
a0276584_14142322.jpg
カメラ2機と食料と水その他、冬山装備がお・も・い。
モンスターに変わりつつある樹氷の稜線をラッセル。^^;
a0276584_14170873.jpg
真っ白な世界に高度を上げていきます。
a0276584_14175962.jpg
うさぎさんも雪山散歩か。
a0276584_14192034.jpg
シュカブラの壁を登り
a0276584_14202044.jpg
雪庇に気を付けて
a0276584_14213805.jpg
下界を俯瞰しつついよいよ山頂です。
a0276584_14233769.jpg
乗鞍も見れました。
a0276584_14242984.jpg
御嶽は相変わらず噴煙を上げていました。
a0276584_14250838.jpg
そして、帰りも樹氷のブナの森を楽しんで下山です。^^
a0276584_14264483.jpg
と、いう事で、快晴の荒島岳冬山登山記でした。^^



by JNPMI | 2017-01-31 14:28 | 01四季燦燦 | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 08日

刈込池&荒島岳

勤務明け仕事帰りに、いつものように北潟湖畔を
歩きながら、白山を見たら、おおぉっ!白くなってる。
11月になって、やっと初冠雪。
これはもう一度、刈込池に行かなきゃ。
ってことで、先週月曜に出かけた刈込池に、再び金曜日に
出掛けてきました。
たった4日しか経ってませんが、もう晩秋の趣でした。

白山三ノ峰の雪化粧を映して。
a0276584_1981374.jpg

a0276584_199370.jpg

a0276584_19105378.jpg


初冠雪が、もう少し早ければ良かったのにね。

そして、昨日、休みに珍しく秋晴れの1日。
荒島岳に登って来ました。
中間地点のシャクナゲ平までは、似たような景色の中を
黙々とひたすら直登。
a0276584_19175163.jpg

a0276584_19145892.jpg

a0276584_19182672.jpg

シャクナゲ平を過ぎれば、稜線からの景色を眺めながら登ります。
a0276584_1920138.jpg

a0276584_19204068.jpg

a0276584_19222992.jpg

a0276584_1922562.jpg

遠くに白山を見ながら。
a0276584_19252086.jpg

そして山頂にて白山を望む。
a0276584_19272337.jpg

山頂から見る大野平野
a0276584_19454163.jpg


さらに足を進めると、しもやまコースが見えてきた。
a0276584_19402025.jpg

勝原から登って来たので、このコースを見ながら昼飯食って下山です。^^

帰りも、樹林帯の中を黙々と、いやバタバタと駆け下ります。^^
団体の登山客の方々が、私のけたたましい鈴の音を聞くや
「特急が来ました。道を開けて下さぁ~い」と、ルートを開けてくれまして
快適に駆け下りました。^^;
a0276584_19482298.jpg

a0276584_1948508.jpg

a0276584_19491099.jpg



コースタイム登り3時間10分のところ、2時間28分、
下り2時間10分のところ、1時間24分の荒島岳山歩きでした。^^
近ごろはスマホがGPS代わりとなります。
アプリの活用で、登山のデータが記録されます。
スマホはホント便利なツールだわ。^^
a0276584_09093550.jpg
a0276584_09095750.jpg
これが、スマホのアプリからのデータです。
下りの時間が特急を物語っていますね。^^後半は時速6.5㎞オーバーですから
走ってるわ~(笑)

さて、明日から、急激に冬型になりそうです。
北の方は猛吹雪との予報。ゲゲッ。北陸地方も山沿いは雪の予報も。
そろそろ冬タイヤ、用意する季節となりましたか。

急に寒くなりますので、皆さま、風邪などひかぬよう、暖かくお過ごしください。


by JNPMI | 2016-11-08 19:55 | 四季燦燦11 | Trackback | Comments(4)